思えば、去年の夏休みは1才3ヶ月の赤ん坊を車に乗せて、泊まる場所も決まってなかったのにポーランド、バルト三国への一ヶ月の放浪の旅をしてしまった私達。楽しかったけど、正直言って疲れた。その赤ん坊はこの夏はもっと強烈な2才児となった。はぁ〜、この夏休みはゆっくりとしたい。

今回は、友達のクロード達と一緒に、再来週からゆっくりと2週間ほどドイツの2番目に大きいプラウ湖で休暇をすることにした。クロードが勝手に場所も宿も決めてくれて、もう人任せだけど楽。

今日はパパとあまちゃんは、ドイツのおばあちゃんの家に遊びにいった。一泊して帰ってくるという。 となると私はもっと楽で、やりたいことは山積みでやる気まんまんだったのに、実際に一人になったら、ベットの上でよしもとばななの本を読んだり、めったにやらない縫い物したりしてボッーとしている。自分でもあきれるほどふぬけな状態。

昨日のこと。シュテファンが来て引っ越すからいらないとビールを20本とワインを何本かと魚と野菜とシュテファンママの作った瓶に入った野菜のマリネなどを我が家に置いていった。わ〜い。

ということで、一人でいるとご飯を作るが面倒くさいので、さっきからそのビールと瓶に入った自家製赤カブの酢漬けを出して、ポリポリ・・・。

そのまっかな赤カブが信じられないほど美味しかった。これはきっとドイツのおふくろの味だぁなんて再び、蓋開けて、取り出してボリボリ。うまっ。赤カブ、とまらない。

その後、トイレに入って、非常にびっくりしたこと。「血尿だぁ!」慌てふためいて便器を見つめて、30秒。そっかー、ただの赤カブのおしっこでした。(汚い話でごめんなさい。ちょっとびっくりしちゃって・・・)

実はまだこのことは書いていなかったが、シュタイナー学校の担任のパパには大きな問題があった。それは本当に最初は大したことのない問題に見えた。ある保護者から言われたことをきっかけにパパはそれがどんどんこじれて発展し、いつの間にか深刻な問題となっていった。何人かの保護者とのすれ違い。問題が複雑になるにつれ、本来、誰が原因なのか、そもそも何が問題なのか、どうすればクラスが調和を保ているのかなのかまったくわからなくなった。

「コミュニケーション」をテーマに何回か保護者会がおこなわれた。しかし、理論でコミュニケーションとは何かを語るのみで何かが変わったということはなかった。さらに、学校側が用意したカウンセラーも学校に来てクラスを見学した。しかし、彼はなんの役にも立つどころか、問題をこじらせて帰っていった。最後に言った、捨てセリフはパパに「担任をやめて学校を変えるしかない。」

私達は新しいベルリンの学校を見に行って、引越しの覚悟をした。しかし、学校の同僚達は今、パパに学校をやめてもらうのは困ると言った。

そのまま夏休みに入った今日、パパはある生徒のお母さんが薦める別のカウンセラーのもとに行った。学校がカウンセラーの料金は支払うという。

突然、話し合いが終わったころ、パパの携帯から私に電話が来た。「やっと問題が明らかになった。やっと僕を理解してくれる人に出会った。全て問題の中心はSという保護者がキーワードらしい。」パパは電話口で嬉しさで泣いているようだった。私が驚いたのはそのカウンセラーが1時間ほど話しただけで、こうも問題の糸口を見つけ、生徒がその母親からなんらかの虐待を受けていることも見抜いたことである。やはりプロはすごい。

それに比べ、私は何の問題の解決法も見つけられず、「あなたが少し変われば、他の人も変わるのよ」とか「もっと保護者の事を考えて」なんてアドバイスしていた私はまったく、何の助けにもならなかった。

パパは今日、生まれかわったように心が楽になったようだ。こんな能力のあるカウンセラーに、軽い嫉妬、そして驚嘆。

さっき、友達も一緒に、よきカウンセラーに会えたことと、問題が明確に見えてきたことで、発泡酒でみんなで「乾杯!」しながら、語りあった。私にはアドバイスなんてできない。こうやって夫の苦しさを聞いて、嬉しいときは一緒に喜ぶぐらい。

それにしても、教師、特にシュタイナー学校の先生は大変な仕事だ。心からそう思う。

パパが夏休みということで、やっとあまちゃんを面倒見る時間ができたと言う。二人がプールや買い物に行っている間、たまには私は一人で行動することにした。

とりあえず思いつきで映画館へ行くことにした。ドルトムントのサッカーで盛り上がる南口を背にして北口に進んでいくと、トルコ人ばっかりの商店街が見える。その商店街の一番奥にひっそりと「ROXY」という映画館がある。そこで、「Peindre ou faire l'amour」というフランス映画を観ることにした。日本語に訳すと「絵を描くことか愛すること」だろうか。中に入ると私のほかには40代か50代のおばさんとおじさんのカップルが10組ほど。完璧に私は浮いている。しかも、トルコ料理屋で買ったフライドポテトを持って入ろうとしたら「匂いが充満するので、外で食べてください」と注意を受けて一人カウンターでぼそぼそとフライドポテトを食べた。

それにしても、ここの小さい映画館は私好みだ。レトロなランプが暗闇の中を光っていて赤いカーテンがまた古い映画館に似合う。中には20人ほどしかお客が来ていなく、私の列には私のほかには誰もいなかった。

このフランス映画、私には衝撃的だった。簡単にあらすじを書くと「ある中年の夫婦がフランスの田舎で別荘を買って、美しい生活を送る。そんな時にその近所に住んでいた若い夫婦と知り合って友達とになる」そこまでは普通のストーリーだがここからがショッキング。「じょじょに4人は仲良くなり、ある晩、お互いのパートナーを交換して同じ屋根の下のベットでセックスする関係になる。」そんなストーリ。それでも、フランス映画らしく、ジメジメしていなく、4人で肩を抱き合うところは感動的だ。なんだか、不倫でも浮気でもなく、なんだかみんなハッピーだ。それにしてもフランス人は本当に自由な精神をしている。きっと、この映画は理屈でなく感覚でみるしかない。そして、主役のマダムがとってもかわいい女性であることや、フランスの自然が美しいし、インテリア、音楽が良かったことが気に入った。なんだか、おばさん達にまぎれて観てよかった。

当然、帰り道は映画に影響されて、ボーッと色々と考えてしまったけど、家に帰ってパパにこの内容を報告したら「実際にパートナー交換して寝るなんて、問題が出ることがほとんどだよ、映画は作り話だからね。」なんて言われた。私の新しい妄想も残念ながらそこで終わりとなったのでした。



このあいだ、理恵子嬢に誕生日のプレゼントに再び酒井駒子さんのカードをもらった。そして、瓶に入った手作りのフルーツシロップも・・・。かわいいのでずっと食卓に飾ってある。やっぱりもったいなくて瓶、開けれないなー。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR