なんだか、外は風がひゅーひゅー吹いていて寒いのです。それでも外の空気に触れようと何とか腰をあげてあまちゃんと外に出たけど、すぐに帰ってきました。こんな日はやっぱりうちでぬくぬくとしよう。



木馬がお気に入り。「はいやーはいやー」と乗りながら言っている。
うちは太鼓とかあやしい楽器がけっこう転がっている。みんなでボンボン叩いている。



最近、「テディ」と言えるようになった。このテディベアはパパゆずりのもの。



アムステルダムに行ったとき、おもちゃ屋さんで10ユーロでブランコを買った。ドアの上に打ち付けてみた。これは使える。
眠りそうになった時、ここに入れるとコロリと寝てしまう。
このオルゴールつきのぬいぐるみもあまちゃんのお気に入り。ヒツジとねずみをプレゼントでもらった。
私も友達が出産したらこれはプレゼントしたいなぁと思っている。なんせベットでこれで寝てくれるのです。



ピカンターケーキを作ろうと思いたつ。このケーキの本は子供たちが路上でフリーマーケットをやっていて、そこで購入。子供が作れるなら私もできるはず。
甘くないケーキでピザ生地の上にベーコンとたまねぎとピーマン、そしてクリームチーズ。



あまちゃん、手伝ってくれると思いきや、生の生地をほじほじしては食べてくれました。



クリームチーズも指ですくってなめていた。口の上が白いぞ。猫のミカも見にきた。

ケーキはおいしかったです。サラダも作って立派なお昼ごはん。
おやつには違う昨日作ったレモンケーキ食べました。太りそう・・・・



なんか手が最近荒れるなーと思っていたらきっとフロッシュ洗剤を最近やめたからと思って買ってきました。ところでフロッシュってカエルって意味。なんでドイツにはカエルの付いた商品が多いのかなぁ。おもちゃもカエルものがけっこうある。テントウムシのものもけっこう多い。彼らにはかわいいんだと。

フロッシュ洗剤は98パーセントは安全なものに水の中で分解してくれるのでエコ面でもグット。でも日本で買うと結構高いらしい。
これだけでなく、ヨーロッパものが日本では3倍以上高く売られているものがけっこうある。んーと思う私です。


明日からはおばあちゃんちに一泊してくる予定です。

私の不得意なこと。それは掃除、片付け。
あまちゃんの好きなこと。部屋をひっかきまわす。

そんな日々にさよならしたい。ということで今日は掃除をメインに生活しようと思いたつ。重箱の隅をつつくようなことをやろうと、オーブンの見て見ぬふりをしていたへばりついた焦げを取ることにした。これがまた頑固な焦げつきで取れない。

この間、ケーキを作るために買った重曹を取り出して、振りかけてごしごししてみた。けっこういい感じで汚れが取れてきた。
がんばれ重曹くん。ちなみに重曹はドイツ語で確か「ナトロンドッペルコーレンゾイレ」。はじめてこれを辞書で見つけたとき、ドイツ語の単語の長さに泣きたくなった。

掃除ができない私が掃除をするとき、いつも思い出す人が「バグダットカフェ」という映画の太ったドイツ人女性のジャスミンさん。さびれた家族が経営するバクダットカフェに偶然に来たジャスミンは、次々と埃のかぶるバクダッドカフェを掃除をし、マジックなんかもしてカフェも人々もハッピーにするストーリー。一人の普通のおばちゃんのジャスミンがこうにもみんなを幸せにする映画が私を励ます。
だから「目指せ、ジャスミン。」と言いながら掃除をするのだ。
この掃除が我が家のハッピーにつながるのかもなんて思いながら。

思いたった本日の掃除は重箱の隅をつつきすぎたのか、はたから見たら「掃除したの?」といわれる出来ばえになってしまった。でもオーブンの焦げは大体取れたし、ゆかもタワシで擦って汚れが取れたし、自己満足。

ところで、さっきお風呂に重曹を入れて、あまちゃんと入浴してみたら、なんだかお肌がふっくらしたみたい。重曹くんさまさまだ。

バグダッド・カフェ 完全版
バグダッド・カフェ 完全版

弟がいうことには、この映画は「おしゃれ映画」らしい。確かに映像の色やカメラのアングルや音楽もいい。ハッピーな気持ちになる素敵な映画です。しかもドイツ映画。

朝から、なんかそわそわしていた。思うように集中してあまちゃんと遊べないし、ごはん作っているときも違うことを考えている。
というのも今日からまた、冬休みの中休みをはさんで、障害者の施設で音楽のクラスがはじまった。私はノベルトに頼まれ、彼と一緒に障害者に音楽を教えることになっている。

ということはアシスタントみたいなものなんだけど、見たら指導者という欄に名前はすでに載っているし、責任感もあって、昨日から子育て業もままならず楽譜をひっぱりだしてにらめっこ。めったに弾かないアコーディオンまで出してスペインの曲を弾いたり、たて笛をだしてピロピロ吹いたりして、パパに授業の進めかたを聞いたりしていた。新しいメンバーが来るので自己紹介もやるだろうと思い、なんせ全てはドイツ語なので3回くらい頭の中で反芻。

午前中、ノベルトに電話して、電話口で私が練習したスペインの曲など歌ったら「えりかと一緒にできて、僕も嬉しいよー」なんてかわいいことをいう。

全てはオーケーね。−−−と思ったのに、久しぶりの音楽クラス、どうなったのかというと、ノベルトは自分で選曲した曲をやりはじめ、それが上手くいけばまだいいがが、歌詞もメロディーもあやふや。私はその知りもしない曲を初見で伴奏をすることになり、まったくの彼ペースになった。なんなの、さっき電話口で歌った私は・・・・

もっと困ったことに、私の隣に座っていたベッティーナが、泣きながら騒ぎだし、金切り声をあげだした。私の前に座っているモニカはトイレに行きたいのか、つられて大声をだし廊下にふらふらと出ていくし・・・・するとみんなもう落ち着きはなくなってしまった。

全てが思うように行かず、呆然・・・・・。
終わったあとにノベルトに愚痴る。しかも、私の前準備が何の役にもたたずくやしい。又、嘆く。

「来週も来てくれるんでしょ。」と聞くので「ウン。」と一言いうと
「良かった、良かった。」という。

必要とされているのだろうけど、なんだか無力な私と自分ペースで突き進むノベルトとそれだけでなく障害者という難しいメンバーにどっと疲れが出たのであった。

まずは何も考えず、寝よう。


(あまちゃん日記)
しつこく「アイアイ」を歌ってたら「アイアイ」と歌えるように。
寝言も「ボール」と言っている。ボールを愛しているらしい。
ブロッコリーにはまって、かなり食べていた。安いし健康にもいいだろう。
しかし「ばぁばぁ」とはケーキの意味らしく、台所で「ばぁばぁ」と言って探している時あり。残念ながらケーキは本日、ありません。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR