さっき、外は嵐だった。風がヒューヒューとうなり豪雨が降った。こうなると外出はできない。ここに引越した当時もすごい雨が降ったことがあって、思わずシャンプーを持って中庭に出て頭を洗ったことがあったけど、酸性雨は髪の毛によくないらしい。そんなおバカはもうしません。

母から昨日、またダンボール箱で日本に置いてきてスーツケースに入いりきれなかったものやら、ブックオフで買ってきてもらった本やら新刊の本やらたくさんの食べ物が届いた。届いたとき、郵便やさんが「石でも入っているのか?」と聞くほど重いダンボール。ありがとう。嬉しい!

昨日のお昼ごはん、めんどくさかったのでさっそくダンボールの中の新宿中村屋のレトルトカレーの「インドカリー」をパパと食べた。うまうま。パパも「おいしいじゃん!」と言っていた。ドイツ人の口にも合うのね。レトルトなことは内緒にしてみた。

もらった絵本の中でフランス人の書いた「木を植えた男 原作 ジャン・ジオノ」は一番最初に読んでみた。これはあまちゃんのためでなく、私のための絵本であろう。色々な面で考えさせられ、感動的な本だった。生きるパワーを与えてくれる本。これはいつも手元に置いて度々読むことになるだろう。

次に開いたのはブックオフで買ったであろう「赤毛のアンのカントリーノート」。信じられないほど古い本で20年以上も前に書かれた本だけど、素晴らしいプリンス・エドワード島の写真と植物図鑑が後ろの方に載っていて「こんな本が今、欲しかった」と思ってしまった。少しレトロなパッチワークの写真なんていうのも良かった。しかし「赤毛のアン」を少なくとも20年は読んでいないなと思って「赤毛のアンって知っている?英語ではAnne of Green Gablesと言うのだけど。」とパパに聞いてみた。なんと文学部だったであろうパパが「知らない」という。ドイツでは有名でないのだろうか。残念だなぁ〜。

そのほかにもダンボールには私の好きそうな本や洋服まで入っていて私と母はきっと遠くに居てもテレパシーでつながっているに違いない。

弟からのあまちゃんへのプレゼントも。「ゲームロボット21」というピカピカとボタンが光る笑えるほど旧式なコンピューターゲーム。あまちゃんが電気とボタンが好きっていうことで選んでくれたけど、パパはシュタイナー学校の先生でシュタイナー教育では木や布のおもちゃがよいとされているのになー、どうしようなんて思っている。でも一回見せたらあまちゃんがそれはもう狂喜でちょっとおかしくなってしまったのでおかしかった。

木を植えた男
木を植えた男
ジャン ジオノ, 寺岡 襄, フレデリック バック, ジャン・ジオノ

曇り空が広がってくると、5月なのに薄手のセーターが着たくなる。
たまにその曇り空から、太陽が見え出す。すると突然じりじりと暑くなる。あいかわらず極端なヨーロッパの空よ。

昨日、サイクリングした道をべビーカーで歩いてみた。たまに立ち止まるのでゆっくり、ゆっくり。この道は車は走らず、もっぱら人々はジョギングをしたり犬を連れて散歩をしたりしている。最近、はやっているのだろうか?ウォーキングに励む人が多い。両手になにやらスキーのストックのようなものを持って、急ぎ足で歩いている。それにしてもドイツ人はでかい。私の倍はあるであろう人が横を通るたびにニコリと笑顔を見せてくれる。もちろん私にではなくてあまちゃんにだろう。



ドイツもタンポポも巨大らしい。「ふーふー」しているところ。



ベビーカーに逆に乗るのが楽しいらしい。しかし、この顔は何?



たまにちらりと笑顔



はじめて見た犬の調教の授業。畑の横で。

朝ごはんからメロン。一個150円くらいで買ったのにメロンはあんまりここでは人気はないよう。おいしいのになー。あまちゃんも好きではなく、もっぱらリンゴ派。

突然、私の左目が腫れてきた。もともと二重だが三重のまぶたになってきた。お岩さんみたいになるのかな。眼医者にいくべきだなー。

私ははっきり言って、料理が上手ではない。パパは「おいしい!」と食べてくれるから少しは人並になったのかなと思うけど。もっぱら料理の本を見るのは好きで、ドイツでも料理人のティムさんの本とか買っていたらいつも呆れられるのであった。日本からたまに送ってもらうNHK「今日の料理」の雑誌なんて読んでいるとワクワクする。有元葉子さんなんて気になるなぁ。高山なおみさんの料理っておいしいのか?最近は雑誌を読んでないからまだやっているのか知らないけど「会員制不思議料理店」のページも好きだった。

私もこれから不思議料理を作っていきたい。ということで自分のためだけど料理メモ。最近、作ったもの。



ラタトゥユ。夏の野菜が大好き。それにしても簡単にできる。おいしい。障害者のホームで働いていたトーマスに習ったんだっけ。前の日の夜に作ると味が沁みておいしさアップ。



ほうれん草とパスタは合わないというパパがこれを食べて「おいしい!」と言った。ほうれん草、ベーコン、たまねぎ、チーズ。
にんにくと次は少し生クリームを入れてみよう。
チコリーサラダにこんなにフルーツが合うとは知らなかったなー。オレンジ、リンゴ、枇杷が入っている。レモンを絞るのと隠し味のお砂糖を忘れずに。そのほかオリーブとリンゴ酢。
このランチなら簡単にできるし、健康にも良さそう。



私もルバーブが台所にあったのでケーキを焼いてみた。恵子さんのレシピで。しかしこんなに簡単なケーキは見たことない。砂糖のかわりに蜂蜜おおさじ2杯。すっぱいがおいしい。生クリームを乗せて食べた。


ちなみに本日は鮭とオレンジのスライスをオーブンで焼いた。Dillという香辛料は鮭に合う。ソースは生クリーム、白ワイン、辛子。
パパは「すごいおいしい!」と言っていた。だってドイツの料理の本を参考に作ってみたから口に合うのだろう。しかしオレンジと魚って合う。ポルトガル料理屋さんでも魚にオレンジの組あわせってあった気がする。

ここ何日もフルーツサラダばっかり食べているのは私のはやり。気温が暖かくなってきているのでフルーツがおいしい。フルーツサラダには干しぶどうをいれることも忘れずに。




午後は家族でサイクリング。菜の花がきれいなことよ。



私の自転車こぎはゆっくりすぎるらしい。パパとあまちゃんはあんなに前に行ってしまった。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR