台所をみたら昨日の巨大かぼちゃがあまっているではないの。
という事で今日はかぼちゃのカレーを作ったら、激ウマ!
レシピ書きます。
1)鍋にサラダ油いれて、小さじ1のクミンシードとマスタードシート(2つともないならないでよし)パチパチするまで炒める。
2)その中にひと口大のかぼちゃとひたひたの水と黒砂糖少しとブイヨン少し。黒砂糖が溶けるまで煮る。
3)2)に半カップのココナッツミルクと牛乳を入れてまた少し煮る
4)トマト缶とグりンピースの缶を3)に加える。水分が足りなかった足す。
5)カレー粉とあるならターメリックやガラムマサラを入れる。
(入れすぎないこと)
6)カレールーをひとかけら。

かぼちゃとカレーの組み合わせっておいしい!分量は書いてないけど適当に味をみながら作ってみて。
PAPA絶賛の一品です。
食べることに夢中で写真撮るの忘れたよ。


ノベルトに誘われて火曜日に毎週一回、彼と一緒に障害者と音楽をしている。といっても私はアシスタント。ノベルトが先生。
ノベルトが用意した音楽は本日、ラップなのであった。ドイツ語でラップなんて難しすぎる。教える立場にいちおういる私はバツが悪かった。歌えないのでせめてでもと太鼓叩いて障害者とノリノリになった。この姿を誰に見せられよう。
ノリノリになっていてこれまた写真撮るの忘れたのであった。

かぼちゃの季節がやってきた。PAPAが買ってきたのがハロウィンでも使われる黄色くて大きなかほちゃ。日本にあるような皮が緑でホクホクしたかぼちゃはドイツにはないのだ。
 今日のお昼はかぼちゃスープを作った。毎年、秋になるとPAPAが作るところを私がチャレンジ!生クリームとクリームチーズはもちろん少量のカレー粉とにんにく、たっぷりと白ワイン入れる。
 簡単で驚くほど美味。おいしいではないの。あっという間に鍋はからっぽ。また作るべし・・・・。

かぼちゃ

朝っぱらからPAPAとけんか。はっきりいって理由はいつもくだらないが、最後に「日本に帰ってやる〜」と言って困らす私。
 そんな機嫌の悪いときにPAPAがいつものように買って来るのがモンシェリーというチョコレート。さくらんぼのお酒がチョコに入っていて、冷蔵庫で冷やしてから食べるとおいしい。モンシェリーとはフランス語で「私の宝物(私の大切な人)」って意味らしい。けんかの後には都合のいいチョコ。
 ところであまちゃんとPAPAが食べているのは、母から送られてきた食料の中の海老せんべい。ばりばり食べて、しまいにはのどがからからに。その後、水をがぶ飲みする二人なのであった。

ama 


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR