今日のひるごはん。不器用そうに、でもどうしても箸を使いたいドイツパパとこれまたどうしてもフォークを使って自分で食べたい1才児の写真をこっそりと撮ってみた。

ちなみに今日のメニューはパセリをまぶした魚のフライ。ドイツ風きゅうり入りのジャガイモサラダ。ルッコラとりんごとトマトとチーズの
サラダ。デザートは私の好きなビオビオヨーグルト。
たいしたことはない普通の食卓。


箸でさかなのフライを突いているが、ぼろぼろ。



上手にフォーク使ってジャガイモサラダを食べている。



ジャガイモをもりもり食べていた。さすがドイツ人のハーフ・・・。私は別にご飯を食べた。



ヨーグルトを食べると猫が机の飛び乗ってくる。他の猫もヨーグルトが好物なのだろうか?気づいたらふたをなめていた。



突然ですが今日のお客さま、りえこちゃんには特別におしるこをどうぞ。久しぶり餅を食べる私達。おかあさん、餅を送ってくれてありがとう。



午後はあまちゃんとパパはお散歩に行った。そこで、学生が作った彫刻を発見。




その後、友達アレキサンドラ宅へ2人で寄ったらしい。フェルトで動物作りはじめた彼女。先を越された。あいかわらす器用な人だ。



この人が器用なアレキサンドラ。ロバのフェルト人形を私達にひとつくれた。かわいく仕上がっていました。作るのに3時間かかったとのこと。

金曜日の午後はこのようにパパも仕事から開放され、のんびりと昼ごはんを食べて散歩に行くことが多い。

まりあちゃんのママの幸代さんはは5人の子供がいるのにドイツで勉強がしたくて本当に渡独した勇敢なママ。その幸代さんは午前中、語学学校に通っている。娘まりあちゃんはまだ2才で幼稚園に入れないので、近所に住むベテラン久子ママが保育ママとなってお昼すぎまでまりあちゃんを自宅で預かっている。
このような保育ママの制度はドイツでは普通に見られる。

私の義理の母だって例外ではない。パパの実家に帰った時、壁にかわいい女の子の写真が貼ってあったので「この子誰なの?」と義理のママに聞いたら血のつながりはないが保育ママをしていた時に預かっていた子だという。
自分の子供たちの写真よりふたまわりほど大きな写真だったので驚いたけど、大事そうに何十年前であろう写真をかざってあるので好感を持てた。あのドイツママなら自分の子と変わりなくその子をかわいがったに違いない。なんせ新聞に赤ちゃんが載っていると切り抜きして見せてくるし、「趣味は?」と聞いたら「赤ちゃん。」とか言ってたからな。

私は当分保育ママはできそうにもない。自分の子といるだけでひやひやする。またうちの猫がひっかき傷をあまちゃんに作った。ひとの子だったらと思うと冷汗でます。



まりあちゃん。2才です。



久子さんの娘の人形。かわいいな。



あまちゃん、おもちゃで遊んで部屋をちらかす。



つまらなくなるとこういう顔をする。

子供ができてからというものよく散歩に行くようになった。
ベビーカーをひいてぼぉーっと歩いているだけだかいつも新しい発見があるのが楽しい。
うちの目の前の道を歩いていて、今日まず思ったことはなんともドイツのお国柄なのかたまたまなのかここの辺りはセラピーや医者が多いってこと。最初に目に入ってくるのは「発声のセラピー」と書いてあるドア。ドアの中を覗くと子供達の上着が沢山掛かっているのがみえる。この辺りは移民の子供が多いしセラピーが必要な子が多いのかな。それにしても私のドイツ語の発音もどうにかならないものか。ぜひとも行ってみたいセラピーである。
そこから20歩ほど歩いたところにみえるのは「理学療法セラピー」と書かれた扉。何をするのだろうか?マッサージとリンパ線をうながす事をやるらしいのだがそれ以上はドイツ語がわからない。熱心に見つめていたら、何人かおばちゃんが扉から出てきた。
そこのお向かいにもクリニックがあるらしい。看板を見て一人で笑ってしまった。「クリニック、ドクター鼻」って書いてある。
どうやら医者の名前が鼻というらしいんだけどどうみても耳鼻科
でなさそう。耳鼻科だったらよかったのになんて思ったらおかしくなってきた。
ところで反対側の方向を少し歩いたところに「動物セラピー」っていうところもある。2年前に動物が大好きなあっちゃんが日本から来た時、動物セラピーがすごい気になるというので「猫がさかりがついてどうすればいいですか?」なんてセラピーでどうしようもない問題を持っていて2人で訪ねたことがある。
あっちゃんの為とおもって「動物セラピーってなんですか?」とか色々質問を投げかけた。その先生が主にやるセラピーとは動物に針とお灸をすることだったのだ。そのほかに赤外線療法などもやるらしい。動物がお灸をするの?おもしろすぎる。
しかも馬がお得意らしい。親切な先生で医療器械や薬などなんでもかんでも見せてくれた。しかも資料を渡してあっちゃんにコピーしていいよ。と言うではないの。さらに乗馬場にくればどうやるか実際に見せてくれるとのこと。
その後、乗馬場にはいかなかったが私は借りた資料とチョコレートを持って再び先生の所にいった思い出がある。

話がそれてきたが、散歩をしながらいつもなら見過ごすところを見るということはおもしろい。
トルコ食品店では魚が格安で買えることも今日、気がついた。
見たこともない魚だったけど。

ところでさっき、あまちゃんがパパのメガネを頭突きで割ってしまった。ギターも壊れてしまった。「最近、僕の全部が壊れるんだ」というから「私達の仲はまだ壊れてないじゃない。全部じゃないうよ。」なんてフォローしてみたけど・・・・・・。



地球儀はまた光るようになったけど、この写真の直後、あまモンスターに再び壊される。もう見せません。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR