今日の1月27日は記念すべきモーツァルトの250歳の誕生日。ドイツでは各地でモーツァルトのコンサートが行われ、今も横でパパがモーツァルトの特集をテレビで観ている。私達もモーツァルトが誕生日っていうことで今月はちょっぴりそわそわしていた。
だって、あまちゃんのドイツ語の名前はなんと言ったってモーツァルトとおんなじ「アマデウス」というのです。知らない方もいるかもしれませんがモーツァルトは名字であってヴォルフガング・アマデウスがモーツァルトの名前。
あまちゃんの名前を「アマデウス」と付けた時はひと騒動ありました。私達、妊娠している際、ずっと子供は女の子(特にパパが)と思っていたので男の子の名前を全然考えてなかったのです。
妊娠の後期、お腹の子は男の子とわかった時にあまりにアイデアがなく本屋で「名づけの本」を二人で立ち読み。そしてアルファベットの「A」から見て「Amadeus ラテン語で神から愛されるっていう意味」をパパが発見し「素晴らしい!」それではアマデウスって子供を名づけようとなった。
でもドイツでもこの時代に「アマデウス」って名前は古典すぎるしモーツァルトゆえの特別な名前。はっきりいってこの名前ドイツにもほとんどいない。
それで、けっこう保守的な人達、たとえば義理の母などから猛反対を受けたのであった。これはまだあまちゃんがこの世に生まれる前のこと。電話が義理の母からかかってきたと思ったら「アマデウスなんて変な名前つけないでマセールって名前にしたら?」と言われ、でもマセールってフランス語の名前だし・・・と思っていたら「アマデウスってつけたら出産しても見に行かないわよ!」まで言われてしまって。
そうなるとパパも「子供は僕達の子だから、なんと言われようとアマデウスって付けるぞ。」と言い出した。

私の母は「ドイツ人の子だからモーツァルトとかトーマスとか分かりやすい名前にしてね。」とか言っていて「モーツァルトは名字だからアマデウスにするから。」と私がいったら「えっ、アマデウス。難しいなぁ〜アルキメデスにしなさいよ。」と言っていたがはっきり言ってアルキメデスの方が難しい。

弟なんて「ださい名前をつけやがって!」と言っていた。失礼しちゃいます。

いまのところアマデウスと名づけけ大正解。誰もがすぐおぼえてくれる。今では義理の母も「アマデウス、アマデウス〜」とあまちゃんをとってもかわいがってくれます。

今、テレビで中国人のランランというピアニストがモーツァルトを弾いているので今日はここまで。

ちなみにうちのアマデウスは全然、ピアノに興味を示さない。第2のモーツァルトになれるかと心ひそかに期待していた親バカな私でした。



あまちゃん、モーツァルトになる!
これはドイツの雑誌のシュピーゲル誌のモーツァルト特集をちらりと変えてみました。

パパはシュタイナー学校の5年生の担任。そして今日の水曜日は唯一、3時間目から授業があるので朝はゆっくり支度が出来る。パパが家を出る15分前位のこと。「今からあまちゃんを学校に連れて行く気になった。」と言い出した。えっ、子ども同伴で学校に出勤?こんなこと日本の小学校の先生がしたら、父母から文句が来るだろうし、教育委員会から怒られそうだけど・・・・・。
と質問するとパパは「自分の子どもだ。なんで学校に連れていって悪いの?大丈夫、大丈夫。」
と言うし、まあここはドイツだからこんなこともオーケーなんだろう。なんていったって私もあまちゃんが何時間か居ないとなると楽できるーーー。家事が進むーーーー。なんて思って賛成。
15分でカバンにおむつとりんごジュースとバナナを入れて「いってらっしゃ〜い。」と2人を見送った。

「あまちゃん居ないんだからベットカバー取り替えて、掃除しておいてよ。」といわれたのに、私がやったことといえば、まずはコーヒーを入れてゆっくりとのどに促し、PCの前に座りメールをチェックしたり、日本のニュースをチェックして、まずはるいちゃんと電話。その後、ゆきこさんからもらった本をちらりと見て、写真を送ってくれたゆーこピーにも電話しようと思い立ってまた日本に電話。
それにしても、子どもがいないって優雅だわーと時計を見たら3時間はたっていた。

焦った。そこからもうダッシュで掃除、洗濯、ごはんに取り掛かった。

14時にパパとあまちゃんが楽しげに帰ってきた。「どうやってあまちゃん付きで授業をしたの?」と聞くとあまちゃんにチョークを持たせて黒板にお絵かきさせたり、生徒に順番に見てもらったり何とかなったみたい。最後はみんな「また、あまちゃん明日も来るんでしょ?」と言ってたらしい。それにしても本日はあまちゃんの行動とかがおもしろくて生徒たち、よく笑って楽しい授業になったとのこと。
「同僚は何か言ってなかったの?」と聞くとあまちゃんを見て「新しい生徒が来たのね。」とかユーモアを言っていて反対に好意的な目で見てたらしい。

ドイツって国はなんておおらか!

しかもパパは家に帰ってきてからだまされていた。「えりか、すごい片付いているし、ごはんもあるしずっと家事がんばってたんだね〜」だって。私、日本にだらだら電話してたり、漫画を読んだりけっこう楽しんでたの。実は。



今日の音楽のテーマは「モーツァルト」。手書きの楽譜をコピーして配る。モーツァルトが7歳の時、手書きでかいた楽譜と言わないでおいて、この楽譜を誰が何歳くらいの人が書いたのか生徒に推測させたらしい。その後、実は天才モーツァルトが子どもの頃書いたことを言って、きれいに模写させ、演奏をしたらしい。

ところでどう見ても、あまちゃん邪魔しています。



やっぱり、邪魔ですよね〜。



なんか捕われたおさるさんのようですが・・・・

お昼まえに突然、速達がとどいた。名前を見ても見覚えのない名前・・・・「誰だろう?」と思って封筒を開けると日本にいる友達のゆうこピーの結婚式の写真と手紙が入っていた。結婚して苗字が変わったんだ。残念ながらこのようにドイツに暮らしているのでゆうこピーの結婚式に行けなかったのです。ゆうこピーのウェデング姿、かわいい!優しそうな旦那さま。本当に幸せそうな二人。
それにしても、おめでとう!

袋の中をみたら、それだけでなくありがたいことに山椒味のちりめんじゃことふじっこの昆布が入っている。なんと気が利くの。すぐさま、あまちゃんとちりめんじゃこいたただきました。久しぶりのじゃこ。これまたおいしかったです。大切に食べます。本当にありがとう。



今日の昼ごはんに、あまちゃんと2人でちりめんじゃこ食べました。ちなみに今日の昼は鮭のタルタルソース(本当はザクザクのパセリをのせるはずだったのに忘れた)とじゃがいものみそ汁など。あまちゃんが昼寝している間にいつもひるごはんは急いで作ります。だから、適当。びっくりしたのが、後から帰ってきたパパはじゃがいものみそ汁を付け合せと思ってご飯の横に添えて食べていた。完璧に間違っています。


その後、ちょっと恐いのが、エンゲンにいるゆきこさんの事を考えていた5分後、本当にゆきこさんからのダンボールが届いた。
見たら、大量の本と漫画が入っていた。こんなに頂いたら、眠る時間なくなりそう。それにしても、ドイツにいてこんなに日本の本が読めるのもゆきこさんに読み終わった本を回してもらえるからこそ。ありがとうございます。読みたいと思っていた本も入ってこれまたびっくりしたんです。



こんなにいっぱい・・・・・


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR