2週間前のこと。一人でデュッセルドルフに遊びに来たことをブログに書いたら、ケースケ君から「デュッセルドルフにはおいしいバッテラがあります。今度一緒に食べましょう」とコメントが来た。ペットントンからも「私も連れって行ってください」と返事が来たので、本日みんなでデュッセルドルフで会うことになった。ほんと、ブログをやっていて良かったなぁ。

19時にケースケ夫婦とホテル前で会うことをメールで約束した。時間に余裕があったので、夕方にデュッセルドルフに滞在中のペットントンと駅で待ち合わせして町を少し探索することにした。16時半に駅のホームに降り立って階段を降りると、駅前で待ち合わせをしたのに、少し青ざめたペットントンが立っていた。「なんか駅前にボンベが仕掛けられたらしい。ロープが張られているし、警察が来ているし・・・」。駅に来たとたんテロ騒ぎとは。「死ぬときは一緒だね」なんて2人でフルフルと恐がりながら、地下鉄に乗ってその場を出た。

その後、少し落ち着いてペットントンとあの日本の雑貨屋のMUJI(無印良品)がドイツにもあるということで連れて行ってもらった。本当だ・・・、高級ブティク街にぽつんとMUJIのお店を発見。雑貨や洋服を見ると日本より2、3倍は高い。無印良品はもはや高級雑貨となっていた。その後、キッチン雑貨の好きな彼女に導かれ「キッチン雑貨屋」に行ったりした。ドイツにも素敵な雑貨がゴロゴロとたくさんあった。

雑貨屋を出ると、ペットントンが路上電車を見ながら「ナカノヒロミチだぁ」と突然、声を上げだした。なんだかわからないけど、私もジッと電車の中をみつめていると、ハイカラなインドターバンのようなものを巻きつけた日本人の男性が、こっちをギョっとした顔で一瞬見ていた。どうやら彼が中野裕通という有名なデザイナーらしい。まさか、ドイツで日本の有名なデザイナーが見れるなんてラッキー。

その後、美味しいコーヒーを飲んで、ソファ席でくつろぐ。もうここから動きたくない。ペットントンの出会った素敵な人の話や私が朝に不機嫌だった理由などたわいもない話などしていた。

時計を見ると6時半。急いでコーヒー屋を出てホテルニッコウに移動。
ホテル前に来るとケースケ夫妻にすぐ出会えた。

向かったところは「日向」という日本レストラン。
それから、夢のように美味しい鯖のバッテラやら納豆巻きやら海老のからあげなんてキリンビールを飲みながら食べた。おいしい、おいしい。

「なんかブログ見ているから、何ヶ月も会わなかったのになんか会ってたみたい」なんてミキちゃんに言われて嬉しい。しかも知らなかったがケースケ夫妻はちょくちょくブログを見ているらしく、ちょっと恥ずかった。けれど、ブログのおかげでこんなおいしいものをみんなで食べているのだから捨てたものじゃない。

4人で会ったのははじめてだったのに色んな楽しそうなことを計画した。
1、みんなで葉山に行く。
2、みんなでギリシャに行く。
3、みんなでスイスの山に行く。
4、みんなでオランダにキャンプに行く、などなど。世の中は楽しいことでいっぱいだ。

ホロ酔いで食べて話していたら、気付いたら夜の10時半。
帰りはホームに電車が来ていたので、まともに3人にさよならも言わず、もうダッシュで駆け込んだ。優しい3人はホームまで来てくれていた。感謝。

電車に乗ったら、今日のテロ騒動を思い出し、一人で恐くなった。乗客の半分は外国人(私もだけど)。いやらしく人のリュクやスーツケースをじろじろ見てドキドキしていた。ドルトムントに着いたら乗り換えなくてはいけないのに、夜遅すぎて電車を45分も待たなくてはいけなかった。いまだにボンベの恐怖があったので、外にでてマクドナルドに入った。ココアを飲んだ。夜の12時はとうに過ぎている。

家に結局、着いたのは午前1時だったけど、あまちゃんがまだ起きていたとは考えていなかった。パパと何をしていたのかな。

ところで、さっき新聞を読んだけど、デュッセルドルフのボンベ騒動の件は見つけられなかったが、ドルトムントで電車からボンベの入ったスーツケースがまた見つかったらしい。当分、電車には乗らないかも。

ここ何日か我が家に友達が寝泊りしていていた。今日、彼女は日本に一ヶ月ほど里帰りということでここから電車に乗って空港に向かってしまった。今頃、もう飛行機の中だろうか。家を出る前に「茶巾寿司がいいなぁ」なんて電話口で彼女が日本の家族と話ていたのが耳に入った。いいなぁ。

不思議なことがあった。
それは彼女が普通の心持ちの人でなかったからかもしれないが、いつも彼女とテーブルで夜に話していると不思議なほど彼女のオーラがモヤモヤと見えた。目を擦って見たが、本当に見えた。色も形もどんどんくっきりとしてきた。こんなことめったにないので、正直言って恐かった。「恐い、恐い」と私が言っても彼女はいやに冷静だった。その後、「私ってすごい能力があるのかも・・・・」なんて思って、あまちゃんやらパパを凝視してみるが全然オーラなんて見えない。とりあえず彼女だけだったらしい。

そんな彼女も日本へ旅立ってしまったし、午後になってあまちゃんと散歩にでた。最近、彼のお気に入りは三輪車。後ろに棒が付いていてあまちゃんが漕げなくても押せるから便利。まだまだ、ペダルを漕ぐというより、乗っているという感じ。この三輪車、まだまだ使えて物もしっかりしているのに、フリーマーケットで5ユーロだった。ありがたい代物。

散歩に行ったら、「あっちに行く」と自己主張して、私が「そっちには行かないよ」と言ったら、地面にひっくり返って大騒ぎの大泣き。見ると鼻水もだらしなく垂れている。側にいた子供達が「この小さな女の子(男の子なんだけど・・・)が泣いているけど大丈夫なのか?」あまちゃんに近づいて心配している。

ということで、あまちゃんに言われるまま上手く漕げもしない三輪車と共に少し遠出の散歩に出かけるはめになった。最初、静かに三輪車にまたがっていたが、段々と困ったことにあまちゃん、ウトウトしてきたらしい。気付いたら、目なんかつぶっているし、最後は眠ながら地面にコロっとひっくり返ってしまった。ころんだあまちゃん、再び大騒ぎの大泣き。こっちの方は眠られても、重いので片手で抱っこしきれないし本当に困ってしまって。最後はあまちゃんのほっぺをペチペチと軽く叩きながら「起きてくれー」と叫びながらなんとか戻ってきた。最近はこんなことが多い。

スーパーに行ったら、面白いものを見つけてきて動かなくて、無理やり抱っこしようとすると、「きゃぁー」と騒いで、泣く。スーパーのお肉屋さんがパンダの絵の付いたハムを手に渡してくれなかったら帰れなかったところだった。

そんな子どものいる最近の私の癒しは「お茶」を飲むことかも。でも私は「お茶」を選ぶセンスがないので、家には変なお茶がけっこうある。「ドルトムントのお茶」とか「グレープフルーツ味の緑茶」とか。昨日もスーパーで「リンボダンスのお茶(オレンジ、パイナップル、ココナッツ)」って言うのを買ってしまって、後悔。

そういえば、その私の趣味は自分だけにおさまらなかった。オレンジ味のお茶のみを10種類も友達にプレゼント。「その子、オレンジ嫌いだったらタダの嫌がらせじゃん」と私の後ろでパパに言われながら。



夏の記憶。

昨日の夜11時になっても寝ない我が子に私達の神経もピリピリとなって、しまいには 躾のことで夫婦喧嘩となり疲れ果てた。あまちゃん、なかなか寝ないだけではなくて、添い寝するとマットレスの上で体操しているか格闘技をしているみたいに自由自在に動きまわる。「エリカ、カンフーでも教えたのか?」といわれる。突然、顔にジャンプしてきたりキックしたり、私の寝ている上ででんぐり返しまでする。どうしてなの?半泣きになりそうだったが、寝顔を見るとやっぱりかわいいと思うのは親心というのか。

たかが子ども1人でよくへこたれる私だが、こうなったら子育ての秘訣を聞こうと5人の子供のいる幸代ママのところへお昼どきにお邪魔した。「ここの家は子育ての参考にはならないよー」なんて言われたが、子ども達がのびのびしていて、いつでもワイワイとしている。旦那さんも私が何を言っても「わっはっはっ」と大笑いしてくれてとても楽しい時間が過ごせた。こういう家庭で育ったら楽しいのだろうなぁーなんて思いながら。

帰り道、スーパーに寄って、本屋で本を予約していたので取りに行った。ドイツでは本を予約すると、たいてい「では明日、取りに来てください」と言われる。どうしてそんなに早く本が来るのだろう?ちなみに頼んだ本は新しい料理の本。体に良さそうな料理だけが載っているが、写真もなければ絵もないひたすら文字だけ。家族のために健康ごはんを作るべし。

重い荷物と共にアパートに戻ったら、妊婦のお客さんが来ていた。彼女のために倉庫に行って「赤ちゃんの本」やら新生児の帽子などゴソゴソ探して、手渡した。彼女は昔のパパの彼女だったので、複雑な思いだったが、実際に会うと色々とあげたいものが出てきた。

次に来たのはスペインに旅行していたシュテファン君と新しくできたスペイン人の彼女。みんなが英語で話し始めてチンプンカンプンとなって神経がまたすり減ったが、かわいいスペイン女性に見とれた。

お客が帰ったら理恵子ちゃんから「今晩、泊まらして」と電話が入ったので、掃除機だして掃除する。みんなの食べたお皿洗い。また、子どもの寝かしつけ。
気付いたら夜の11時。外を見たら恐いほど綺麗なお月様。家の電気を全て消して、しばし観賞。やっと静寂が得られた感じ。

「海からの贈り物 著・リンドバーク夫人」に書いてあった、チャールス・モーガンのセリフ。「回転している車の軸が不動であるのと同時に、精神と肉体の活動のうちに不動である魂の静寂」を忘れないようにしたい。

夜中にやっと一人になれて、ほっとした。



日々、成長。この夏、最後のプールかな。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR