もう年末年始だし、お餅ぐらいは食べたいなぁと思って今日はデュッセルドルフという町へ電車に乗って行って来ました。デュッセルドルフには、日本から来た駐在員の方も多く住んでいるので、日本のラーメン屋さんやスーパーも何店かあります。

一緒について来てくれたのは、やっぱり娘ハナルナです。


電車に乗ったら、さっそく編み物をし始める
ハナルナ。どうやら今、授業で靴下を編んでいるそうです。小学校から、編み物やっているから将来は相当、上手になっちゃうでしょう……。


いきなり、靴を脱いで作りかけの靴下に足を入れています。電車の中で、こんな事をする人、はじめてみました。車掌さんも、通りすがりに笑っていました。

どうやら、大きく作りすぎちゃったようで、出来上がったら私にくれるそうです。ラッキー!


私達の横にも、後ろにも犬が乗っていました。たまに、熊みたいな大きな犬も、電車に乗って来る事もあります。
電車の中では、ワンちゃん達はみんないい子にしています。ホームに出るとワンちゃん達、いきなり緊張が緩んで遊び出したから驚きました。

デュッセルドルフでは友人とも会いました。一緒にお茶をしたのですが、あり得ない珍騒動が起きて大笑いでした。珍騒動すぎて、ブログには書けないのが残念です。

そして、日本食のスーパーは今年、最後の営業日。レジでも、長蛇の列ができるほど人が沢山でした。でも、無事にお餅も買えました。

お昼に家を出て、帰って来たのが夜の8時です。お餅を買うのも1日がかりだなぁ。

アマデウスのクラスメイトのティムの家族と小さなクリスマスのお茶会をしました。

ティムのお母さんは、手仕事がとても得意なザビーネさん。編み物とかフェルトが上手で、たまにこのブログにも登場してくれます。ティムの家族とは、子供たちだけでなく、家族ぐるみで仲良くしています。

本当は我が家に来てくれるはずだったのですが、ザビーネの家の車も壊れたということで
私達がお邪魔することにしました。

ザビーネママがリンゴケーキを焼いてくれて、パパもお菓子を焼いてくれていました。

私もケーキを焼いて持って行きました。ケーキはクリスマスにもう見たくないほど、いっぱい食べました。でもやっぱりどれもこれも、美味しかったです。

ティムが自分がもらったクリスマスプレゼントを見せてくれました。


すごい……。日本語で木工旋盤という物らしいです。木を削って、色んな物を作れる機械です。ティムが見せてくれたのはその機械のミニタイプです。


ティムのパパは木工職人なんです。パパはもっと大きい機械を持っていて、この機械があればロウソクの台から、木の器、駒なども作れることを教えてくれました。
自分だけの木の器など作れると思うと、わくわくです。

ティムのお姉さんも、面白い物を見せてくれました。

「クリスマスプレゼントに、これをもらったの〜」

これは、寿司靴下というそうです。クルクルと畳むと巻きずしになるという……。日本でも、見た事がなかったオモシロ靴下!

靴下を履くとこんな感じだそう……。ちなみに、お姉さんの足ではないです(笑)。


家に帰って、調べたら、巻きずしだけじゃなくて、握り寿司靴下っていうものもあるではないですか……。

みんなのプレゼント、とっても楽しいです。



クリスマスのドイツの家族の食事会はとても楽しかったです。

まずは、みんなより一足先に老人ホームに行ってヨハナおばあちゃんをお迎えにいきました。


ニコはびっくりさせようとサンタクロースの帽子を被って、おばあちゃんの前に登場!

私たちからは、ヨハナおばあちゃんの好きなローズのボディローションと、日本の母からも手づくりのアクセサリーがあったので、それを綺麗にラッピングしてプレゼントに持って行きました。

ヨハナおばあちゃんは私達が来た事をすごく喜んでくれました。
老人ホームのカフェで、「好きなもの頼んで〜」と言って、クリスマスケーキやらジュースやアイスをご馳走してくれました。すでに子どもたち、甘いものでお腹いっぱいです。

犬のクッキーも毎回、老人ホームに行っていて、ヨハナおばあちゃんのひざの上で甘えていました。
最後のお客だったのですが、ヨハナおばあちゃん、老人ホームのカフェで働くお姉さんたちにもいっぱい感謝の声をかけて、車椅子に乗って動きにくいのにチップをサッと出して、お姉さんに渡していて、チップも忘れた私は少し恥ずかしくなりました。

その後は中華レストランで、親戚が一堂、集まりました。25人ぐらい来ました。

そのレストランは何でもありのビュッフェで、お寿司もフライドポテトも、沢山の料理がありました。生の魚介類や、肉も何種類もあって、自分で適当にお皿に乗せて、ソースも選ぶと鉄板焼にしてくれました。

中国人のオーナーの奥さんお話したけれど、今、妊婦さんでなんと5人目。あと、3週間で生まれるそうです。中国の方でそんなに子沢山の方にはじめて会いました。なんだか、ニコニコと幸せそうです。私のこと、中国人にしか見えないとかで、色いろと話しかけてくれました。

それにしても、ヨハナおばあちゃん、孫とひ孫だけで13人も来ていて、みんなにお小遣を用意していました。日本でいうお年玉です。我が家の子どもたちもそのお年玉にとても喜んでいました。

子供も大人もみんなヨハナおばあちゃんを大好きになってしまいます。それだけはなくて、レストランでお友達に偶然あったら、手を取ってお話ししたり、最後にレストランのオーナーにも、「美味しかった」「ありがとう」「また来年、来るわね」とか本当に心から言っていました。

ヨハナおばあちゃん、町からほとんど出た事がないし、飛行機にも乗ったことのないおばあちゃんですが、誰に対しても、誠実でやさしく、愛がいっぱいで海のように大きいです。。



Search

Profile

Archive

Link

Other

PR