大好きなかっこちゃん(山元加津子さん)が今、イギリスに来て講演会をしています。出来ることなら、飛行機に乗って会いに行きたかった…
でも、子ども達と愛犬クッキーが家にいて、更に夫がいない週末、ロンドンに行くというのはやっぱり無理があって、結局、あきらめました。

かっこちゃんにラインで、素直にこの気持ちを伝えると「いつも側にいる気がするよ」と言ってくれて、あいかわらず、かっこちゃんはいつも優しいです。

魔女になりたかったかっこちゃん。前にお会いした時に、スーツケースから、読みかけだったらしいのに魔法使いが出てくる「ガンプ」という題のイギリスの方が書かれた児童書を取り出して、突然、私に譲ってくれました。その後、かっこちゃんに代わって夢中になってその本を読んだのでした。
実は、いまだにイギリスには行ったことがないけれども、イギリスにはファンタジーあふれた素晴らしい児童書が沢山あります。魔法使いや魔女だって、霧の濃い森の中に何人も住んでいるイメージです。

かっこちゃんに出会えて、そういえば私も小さな頃に魔女になりたくて、魔法の本を書いたり、公園で魔女修行をしていたなぁってある時、思い出したのです。

そして、ここからまた不思議な話しになりますが、そんな小さな頃に一度だけ、魔法使いらしき人を見かけたことがありました。

小学校に入って、親が離婚をして、はじめに母と住んだ所がいかにも昭和時代のレトロ感あふれるお化け屋敷のような家でした。

木造で雨漏りとベランダも傾いていて、ボロボロでしたが、児童公園の隣だったので、自分の庭のように公園で遊べたのはラッキーでした。

そして、夕方、いつものように公園から帰って来たときです。家の玄関の前に、
ヨーロッパの絵本から飛び出て来たような格好をした魔法使いがひとりで立っていたのです。そして、紫色の透き通ったキラキラと光る大きな石も持って来たらしく、玄関の前に置いてありました。

その魔法使いをひと目みて、心臓が飛び出す位、驚いて、こわくなって、ダッシュで公園に戻りました。どのぐらい、時間が経ったのでしょうか。恐る恐る戻ったら、その魔法使いは消えていなくなっていました。

小さな頃だったので、ただの子どもの見るファンタジーだったのかもしれません。でも、最近、この話しを今はデンマークに住むおさな馴染みのゆうちゃんに話したら、面白いことを教えてくれました。

ゆうちゃんと私は、昔、同じ地区に住むご近所さん同士でした。

ある日、ゆうちゃんのお母さんが玄関の下に見かけない石が転がっていたのを見つけました。手のひらサイズの大きさの紫色の石だったそうです。ゆうちゃんのお母さんは、この見慣れない紫色の石を拾って、何の石なのかわからないので、近所の方に見せました。
そして、「これはアメジストという石よ」と言われたそうです。

アメジスト……。あの魔法使いが持っていた紫色の石も確かにアメジストでした。「ゆうちゃんの家にも、あの魔法使いが来て石を置いて行ったの?」

アメジストの石を持って、当時、日本にまで魔法使いが来ていたと思うとワクワクします。


最近は、シュタイナー学校の玄関で大きなアメジストの石を見ます。アメジストの石が壁に埋め込まれるなんてめずらしい学校です。

シュタイナーはアメジストを「大きな愛」と言ったとか(まだ自分で本で確認していませんが)……。
そうだとしたら、きっと子ども達や学校を静かだけれども大きな愛で見守っているのかもしれません。

あの昔、見かけた魔法使いは、そんな素敵な石を運んでくるなんて、きっと良い魔法使いだったので、お話しすれば良かったなって思います。

あと、かっこちゃんはかっこちゃん自体が、優しいアメジストのような方。お話ししているといつの間にか心に触れて、泣きたくなってしまう……。やっぱり、沢山の愛を日本だけではなく、世界中に伝える魔女さんでした。

前回のブログを書いた時に、「あの葡萄は本当に美味しかったなぁ」とか「帰りにお城のハチミツを買って来るのを忘れちゃった」とか、思っていたら……

何時間後に、幼稚園の先生が、葡萄ジュースやら、葡萄のお酒、ハチミツ、蜜蝋ロウソクを家族用にプレゼントしてくれたのです。
葡萄を思い出していたら、葡萄がジュースになって、手元に勝手に来るなんて、不思議な気持ちになりました。

そして、その葡萄ジュースがとても美味しくて感激しました。

昨日、少しだけ晴れていたので、


また植物園の蝶々の所に行きました。

今日は、私の見た不思議な夢の話しを書きます。何年か前に夫が学校のクラスの演劇でバーネットの「秘密の花園」をやった時の話しです。

公演日の前の日のこと。私はまだ寒い3月だったけれども、外に出て、お庭で日向ぼっこしていました。すると、滅多にこの辺りでは見ない黄色のチョウが1匹、ひらひらと飛んで来たのです。私の方に来るし、その年はじめてのチョウだったので、嬉しくてずっとその黄色のチョウを見ていました。

でも、寒いのに外に出たからか、その晩、なぜだか急に体調がおかしくなって、寝込むことになってしまったのです。

具合いが悪くて、次の日も立ち上がれず「絶対に来て」と夫に言われた劇を観に行くことが出来ませんでした。残念だったけれど、公演はニ回公演で、その次の日もあるとのことなので、ただひたすら寝る事にしました。

その晩のこと。寝ていたら、夢の中で、私がお庭で見た黄色いチョウが出て来たのです。

夢の中ではその黄色いチョウは、なぜかお話が出来ました。
「具合いが悪いのだろうけれども、それを治してあげるよ。今から僕が飛ぶのでそれを見ていて」と言うのです。
そして、夢の中で、ひらひらと黄色い羽をはためかせて飛んでいるチョウを見ました。

「ねぇ、ところで、なんで私の具合いを治してくれるの?」聞いたら、「だって、庭で飛んでいたとき、僕を熱心に見てくれていたから」と言います。それからも私は、夢の中でチョウに色々と質問をしました。

そのチョウが言うには、普段は人間と喋れないけれども、人には聞こえない周波数の声を出して、実はお話ししているそうです。そして具体的な周波数も数字で、見せてくれました。

そして、もし普段、声が聞こえなくても、繋がりたいと思ったら「想う」だけで、いつでも繋がれるよと教えてくれました。

不思議なことに目が覚めたら、あんなに具合いが悪かったのにすっかりと体調が治っていたのです。

「秘密の花園」の劇も最後の公演を観ることが出来ました。黄色のチョウのことは私だけに起こった「秘密の花園」じゃないのかとこっそり思っています。



この夢を見てから、喋れなくても
植物や動物と心の中でコンタクトするようにしています。なんせ、想うだけで、つながれると教えてくれたので……。

最近、「天国の青い蝶」という映画を見て、本当に蝶々を追いかけて病気が治ったという実話がある事も知りました。本当に不思議です。




きっと、昆虫でも葡萄でも、心でつながれるって思っている……。

そういうこと子ども達に言うと、「やっぱり、変なママ」って言われてしまうけれども。。。。


晴れた日の植物園。光り輝いて、とても素敵でした。

少しだけ前だけれども、市にある小さなお城に遊びに行きました。
子ども用に小さな庭のツアーがあったのです。ニコを誘って、一緒に行きました(大きな子どもたち、誘っても、もう一緒に来てくれないのです)


「こんにちは!お城にようこそ!私と一緒にお庭に行きましょう!」

どこに行くのか、ワクワクする。。。。


ここが小さなお城です。毎年、素敵なクリスマスマーケットをやっている所。


「下を見てみて!ヘーゼルナッツが落ちているわよ。一緒に拾いましょう!」

ここから、ヘーゼルナッツを拾うことに夢中になる子どもたち。


ヘーゼルナッツの後ろには、林檎の木がありました。男の子達は、壁にのぼってまで、林檎をとり続けました。


壁どころか、とうとうハシゴまで、出て来ました。お城の壁をよく見ると、ぶどうがちょうど、なっていました。





壁にへばり付いて、ぶどうを取っています。

こんなに、ぶどうがいっぱい!
とても甘くて、美味しいぶどうなんです。ぶどうって、すごいフルーツだなぁと感激しました。

お城には、ワインのお店もあります。沢山の種類が売られています。ぶどうがなかったらワインもなかったんだなぁ……。


そして、お城で作られたハチミツなんかまでありました。春の花のハチミツ。夏の花のハチミツ。どちらも美味しい!
お城に来る、動物や昆虫などを色々と説明してくれました。
お城の芝生では、確かに私の前をオレンジ色の蝶々が目の前を舞っていました。町に住んでいるからか、普段ではなかなか見ない蝶々だったので、驚きました。

「そうそう。僕のお気に入りの色はオレンジ色なんだよ」と教えてくれたニコ。



その後、お気に入りのオレンジ色のフェルトで、鉛筆カバーもその後、作りました。


鉛筆にフェルトを巻いて、コロコロするだけ。石鹸水も忘れずに……。


こんなフェルトの鉛筆が出来ました。世界に1本の自分だけの鉛筆!


お城の中には、可愛いフェルトの人形がさり気なく座っています。いつか、自分も作ってみたくて写真を撮りました。



子どもたちが遊べる用に沢山、庭に遊具やポップコーンマシーンまで出してくれて、ポップコーンを作ってくれたり……。楽しい時間を過しました。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR