もう旅から帰ってきて、夏休みモードからジワジワと新学期の気分です。

今、デュッセルドルフに向かう電車の中。幼なじみのりょうちゃんに会いに……。

昨日、家族ぐるみで仲良しのシュテファンが遊びに来ていて、少しりょうちゃんの話題になりました。

シュテファンとりょうちゃんは、昔、同じ時期にシュタイナー教員養成学校にいたけど、当時、りょうちゃんは、満場一致で学校の学生でナンバーワンのオイリュトミストだったそうです。みんなで言っていたんだって。

それを聞いて、自分のことのように嬉しくなりました。りょうちゃん、凄すぎる……。

今から、そんなりょうちゃんのオイリュトミーの伴奏をしにいきます!

あと、日本のスーパーマーケットにも行ってきます。楽しみです。

家族でキャンプ旅行、みんながいつも同じ空間にいて、密でとても楽しかったのですが、ひとりひとりの個性が弾けすぎて大変だなぁと思う時もありました。

ある湖のほとりでキャンプしているとき、夕日が綺麗だったので、アマデウスをお散歩に誘いました。「アイスも買ってあげるよ」とか色々と言ったのですが、車の中から出てくれないのです。。そんな風に、アマデウスは旅の間、車から出てくれないという事がよくありました。

「外にみんながいっぱいいるから、こわい」と言うのですが、夕暮れで人なんてほとんどいないし、みんな夕日を見ているので、誰もアマデウスの事なんて気にしていません。
それにキャンプまで来て、引きこもりになるなんて……。ゴロゴロと寝てばかりで、小さな仕事ばかりか、シャワーに行ってもらうのも大変でした。

それに車内では、ニコにちょっかいが多すぎて、それも困りものでした。

夫は、反対にカヤックを抱えて、川に入らないと気がすまないみたいです。とにかく水が好きで、見てると、川の中で髪を洗ったり、もうワイルドというか、「ドイツの河童」のようでした。

そうなるとアマデウスの方はあまちゃんと呼ばれるだけあって「天の邪鬼」にみえてくる……。

きっと、この家族は妖怪ファミリーだったんだねと納得しました。

ちなみに、私は「子泣きじじい」です。高校生の時に、似てるとクラスメイトに言われたことがありました。


ライプツィヒの湖から見える夕日です。


わぁ、とっても綺麗……。


結局、ニコと夫はサイクリングに行っていたので、ハナルナと愛犬クッキーと楽しく夕日をみました。

もう1箇所、ドイツの絶景スポットの「バスタイ橋」にも行って来ました。
ドレスデンの町から1時間で来れるらしく、観光の方も多くいました。



岩の山の上に建てられた、バスタイ橋!


岩と岩の間に橋が作られています。

人がとても小さく見える。。。


昔、ここに小さな山城があったそうなんです。


ミニチュアもありました。木造だったから火事で燃えてしまったそうです。
とにかく岩山の上ということで、昔は水に苦労していたみたいです。雨水をローマ建築の技術を使って、集めて飲んでいたとか。でも、火事を消火することはできなかったよう……。




下はエルベ川。そもそもこの奇石はエルベ川の浸食で作られたそうです。



エルベ川には、渡し船があって両岸を簡単に、行き来ができました。

この旅に付きってくれている愛犬クッキーも大変ですね……。バスタイ橋も一緒に渡ってくれました。そういえば、犬は船に乗るのに50セントかかるのだけれど、抱っこしてれば無料だそうです。それならば、抱っこしちゃう?


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR