あのイチゴケーキ.....
アマデウスのお誕生日は土曜日で学校はお休みだったので、月曜日にクラスメイトのため、夫がイチゴケーキを夜中に大量に作ってくれました。

ドイツでは、お誕生日の人がケーキを学校や職場に持って行って、みんなに振る舞う
のです。こどもが誕生日の時は当然、親が
ケーキを焼きます。

朝、夫が頑張って作ってくれた大量のイチゴケーキを見て、アマデウスはなんと言ったでしょう?

喜んでくれると思ったのに、

「こんな真っ赤で女の子みたいなイチゴケーキを学校に持って行けない」
って言い出したのです。

何を恥ずかしがっているのか、はっきり言って、訳がわかりません。

結局、私がそのイチゴケーキを持って、学校に行く事になりました。

お母さんが、授業中にクラスのドアをノックして、ケーキを運ぶ方がよっぽど恥ずかしいような気がするのですが.....。

ちょうど、クラスにケーキを持って行ったら、アマデウスは黒板の前に座っていて
お誕生日をお祝いされていました。


先生から、こんな素敵なカードをもらって
中には、心が震えるような詩が書いてありました。

Erst wenn ich Lichtes denke,
leuchtet meine Seele,
Erst wenn meine Seele leuchtet ,
ist die Erde ein Stern,
Erst wenn die Erde ein Stern ist ,
bin ich wahrhaft Mensch .
H.Hahn

(簡単な言葉だけなのに、日本語に訳そうとすると、何だか上手に行かないので、原文のままです。。。)

そして、あのイチゴケーキ。
特にクラスの男の子から喜ばれて、「今まで食べたケーキで1番美味しい」とか「レシピが欲しい」と大絶賛だったんです。

お父さんが作ったんだよって言ったら、みんなもびっくり。実は、夫が適当に作っただけのケーキなのでした。


それにしても、アマデウスは何でも恥ずかしがって、お誕生日ケーキや、ランチボックスも学校に持って行ってくれず、困ってしまうなあ。

  • 2019.09.22 Sunday |
  • - |
  • -

Comment
お誕生日おめでとうございます。
なんて素敵なケーキ。
私だったら、もう大威張りだと思います。
  • kakko
  • 2016/05/04 12:25
かっこちゃんヘ
わぁ〜、かっこちゃん、コメントをありがとうございます。
みんなが喜んでくれたから、アマデウスも最後はにやにやしていました。
私も可愛い生徒さんや、先生や、他のお母さんたちに
会えて楽しくて、午後まで呼ばれて、全て良かった一日でした。
これもアマデウスのおかげかな?

かっこちゃんの本達も一緒に日本から送ってもらって、沢山読みました。
とっても心に響いて、感動して涙が出ました。かっこちゃん、ありがとう。
  • えりか
  • 2016/05/05 01:10





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR