ニコ君も幼稚園に通うようになって、なんと私も週に2日ほど、シュタイナー学校で働くことになりました。と言っても私の仕事は先生ではないんです。
シュタイナー学校にはオイリュトミー(音楽や言葉の運動造形)という授業があります。そこでピアノを弾くお仕事です。

久しぶりに学校に行くことになって少しドキドキしているのですが、昨日はなんと学校に向かっている間に雪が沢山、降って来て電車から降りたら学校行きのバスが来なかったのです。

「どうしよう〜」と思って、オイリュトミーの先生に電話したら「今日は音楽オイリュトミーしないでなんとかするから大丈夫、大丈夫」と言われ、また家まで引き返すことになりました。

住んでいるあたりは町でただ雨が降っていただけなのに、学校は山の上なのかな、電車で20分ほどの距離なのに別世界みたいな風景になっちゃうのです。雪が降るとたまに大変な事になります。

雪と言えば、ニコ君の幼稚園ではカーニバルのテーマが「冬の世界」だったんです。

我が家のニコ君は


真っ白な服を着て、雪になってみました。
と言っても私の昔、被っていたベレー帽を頭に乗せてお姉ちゃんの白いベストを着ただけです。


ミュラー先生はグリム童話の「ホレおばさん」に....。ホレおばさんが羽布団をバタバタさせて降って来た羽は雪になるんだそう。ドイツでは人気の童話です。


先生達が作った雪のオブジェもすごいでしょ。この下にテーブルがあるので子どもたちはここでご飯食べています。


フェルトで作った雪だるま。子どもたちが先生と一緒に作りました。

幼稚園の中がまさに冬景色になっていて素敵でした。


帰り道にこんなものを見つけました。
スノードロップです。毎年、見つけると冬の終わりを告げられているようで嬉しいです。

  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
はじめまして、えりさん。
かっこちゃんのメルマガから、こちらにおたずねしています。(〃'▽'〃)
3人のお子さんとあれやこれやありながらの毎日、大変だけど楽しそう!と思っていたら、シュタイナー学校に行っていらっしゃるんですね。しかもえりさん、オイリュトミーのピアノも始められて。なんて方と知り合えた(まだこれからですけど)のでしょう!?
私、もう25年も前ですがドイツでオイリュトミー学校を卒業。その後日本で専業主婦をしていましたが、10年ほど前から福祉系のバイトをして、そのうち音楽療法の手伝いをするように。そして今、アントロポゾフイーの音楽療法を学んでいます。今年9月にベルリン近郊の音楽療法士養成所に、一週間の講座を受講しに25年ぶりにドイツに行きます。えりさんのブログ、これからも楽しみにしていますね!
  • 工藤 雅代
  • 2016/02/16 09:57
工藤雅代さんヘ

はじめまして!
まさか、かっこちゃんのメルマガを通してシュタイナー関係の方に知り合いに
なれて嬉しいです。ちなみにかっこちゃんもシュタイナー教育に興味があるそうです。。。
音楽療法を学べる所がベルリンにあるんですね。とっても興味があります。一年前に立派なハープを買って、弾いてみたら本当に癒される音を感じられました。
療法にはライヤーを使うのかしら?

また、色々と教えてください。
ブログに来てくれてありがとうございました。拙すぎて恥ずかしいけど
また色々と書いていきますね。
  • えりか
  • 2016/02/18 03:26





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR