パパは週末、ずーっと「英語教師のための勉強会」に行っている。彼はクラスの担任でもあるが、副教科として英語と音楽を教えている。
英語の勉強会と言っても、内容を聞いたらびっくり。英語の教師が集まって、なぜだかみんなでクラウン、道化師になるためにパントマイムや演劇の練習をしているそうだ。「パントマイムだったら英語は必要ないじゃん?」と聞いたら笑われた。パントマイムからはじまるらしいけどそれがセリフ付きの即興劇になるらしい。それはすべて英語で行うらしいのだ。
「よくも英語でそんなことできるねぇ〜」と感心したら、「英語は問題がないんだけど、即興劇だから自分の番がまわってくるのがどきどきするんだよ。何すればいいかとっさで考えなくてはならないし。」と言っていた。
「じゃあ、パパは即興劇って何を演じたの?」と聞いたら「僕はね〜喋るマッチになったんだ。」と言う。「マッチ!?」どうやら、クラウンの赤い鼻を付けていたのでそこからマッチを連想して、マッチになったらしい。しかもどこからか赤い帽子を見つけてきてかぶったらしい。
そして、マッチの人生を語り、頭を擦られるときの不安な心を語ったとのこと。そこからもう一人の人が「火をかしてくれ!」としゃしゃり出てきたらしく、即興劇とは思えないドラマが展開したらしい。最後は太った女性がマッチの箱となり、パパの演じる不安なマッチ君を助けてくれたとのこと。

ずいぶんと私が子供を見ている間、楽しそうな事をやっているなぁ。

朝から晩までの勉強会のはずなのに、今日、パパは昼休みの2時間家に戻ってきた。「みんなと昼ご飯を食べないの?」と聞いたら「いや〜、こんな晴れている日はちょっと散歩に行きたいと思って」と言う。加えて「そりがやりたくて・・・」と言っているではないの。「そり?」私の方は寒くて嫌だなぁ〜と思ったんですけど、あまちゃん連れて3人で小さい森に行って来た。
これがおもしろかった。坂をすべるそりはいまいち好きでないけど、森の中のそりは楽しい。白い木々は美しいし、雪道を歩く犬達は、かっこよく見える。同じようにそりに乗るかわいい子供たちが「ハロー」と出てくる。

今ごろになって、そりの楽しさ、発見。これから雪がもっとじゃんじゃん降るといいのに。

マッチ君はそれからかなり遅刻して、勉強会に戻って行った。遅刻の言い訳を英語で考えながら・・・・・。




今から森に行きますよ。



あまちゃん、重い。



ビール瓶、発見。

  • 2020.02.22 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
村上春樹の「意味がなければスイングはない」を買ったのでそのうち送ります。買わないように。
あまちゃんの表紙は最初、写真のコメントを見なかったので目が点になりました。な、な、なんだ‥‥
コレは‥‥コメントを読んでなーんだ。でもすごくきれいで夢のあるイラストを使った表紙ですね。
  • kaoru
  • 2006/01/31 01:04
嬉しい!村上春樹はジャズやクラシックに精通しているので、楽しみにしています。本をちょくちょく送ってくれて大感謝。全部読んでいます。

あまちゃんの表紙のことですけど、私達は本当にこういうくだらない事ばっかりして時間を無駄づかいしています。
ちなみにリンクしてサーカスのワークショップの「PRESS」という所を開いてみて。モーツァルトにあまちゃんだけでなく、クロードの顔もくっつけて見たらすごくかわいくなった。本人もすごい喜んでくれました。

シュピーゲルの雑誌の表紙はいつも話題の人がよく政治家が風刺されて載っている。今週は売れないからか、女の人の裸が。でもいやらしくないよ。「運動による治療力」が今週のテーマだったと思う。パパが定期購読している雑誌で政治やニュースが主です。
  • えりか
  • 2006/01/31 06:11





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR