今日の1月27日は記念すべきモーツァルトの250歳の誕生日。ドイツでは各地でモーツァルトのコンサートが行われ、今も横でパパがモーツァルトの特集をテレビで観ている。私達もモーツァルトが誕生日っていうことで今月はちょっぴりそわそわしていた。
だって、あまちゃんのドイツ語の名前はなんと言ったってモーツァルトとおんなじ「アマデウス」というのです。知らない方もいるかもしれませんがモーツァルトは名字であってヴォルフガング・アマデウスがモーツァルトの名前。
あまちゃんの名前を「アマデウス」と付けた時はひと騒動ありました。私達、妊娠している際、ずっと子供は女の子(特にパパが)と思っていたので男の子の名前を全然考えてなかったのです。
妊娠の後期、お腹の子は男の子とわかった時にあまりにアイデアがなく本屋で「名づけの本」を二人で立ち読み。そしてアルファベットの「A」から見て「Amadeus ラテン語で神から愛されるっていう意味」をパパが発見し「素晴らしい!」それではアマデウスって子供を名づけようとなった。
でもドイツでもこの時代に「アマデウス」って名前は古典すぎるしモーツァルトゆえの特別な名前。はっきりいってこの名前ドイツにもほとんどいない。
それで、けっこう保守的な人達、たとえば義理の母などから猛反対を受けたのであった。これはまだあまちゃんがこの世に生まれる前のこと。電話が義理の母からかかってきたと思ったら「アマデウスなんて変な名前つけないでマセールって名前にしたら?」と言われ、でもマセールってフランス語の名前だし・・・と思っていたら「アマデウスってつけたら出産しても見に行かないわよ!」まで言われてしまって。
そうなるとパパも「子供は僕達の子だから、なんと言われようとアマデウスって付けるぞ。」と言い出した。

私の母は「ドイツ人の子だからモーツァルトとかトーマスとか分かりやすい名前にしてね。」とか言っていて「モーツァルトは名字だからアマデウスにするから。」と私がいったら「えっ、アマデウス。難しいなぁ〜アルキメデスにしなさいよ。」と言っていたがはっきり言ってアルキメデスの方が難しい。

弟なんて「ださい名前をつけやがって!」と言っていた。失礼しちゃいます。

いまのところアマデウスと名づけけ大正解。誰もがすぐおぼえてくれる。今では義理の母も「アマデウス、アマデウス〜」とあまちゃんをとってもかわいがってくれます。

今、テレビで中国人のランランというピアニストがモーツァルトを弾いているので今日はここまで。

ちなみにうちのアマデウスは全然、ピアノに興味を示さない。第2のモーツァルトになれるかと心ひそかに期待していた親バカな私でした。



あまちゃん、モーツァルトになる!
これはドイツの雑誌のシュピーゲル誌のモーツァルト特集をちらりと変えてみました。

  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR