日曜日に観た「魔笛」のせいで無意識にも鼻歌で「魔笛」を歌ってしまう。外にお散歩に行った際もベビーカーを引きながらモーツァルト「魔笛」を口ずさんでいるのに歌詞が見事に日本語バージョン。道で行き交う人に振り向かれる。
だけど私は歌えば歌うほど機嫌が良くなってきた。明るい長調の曲。しかもユーモラスだ。
 しまいには家に帰った後、笛も取り出して劇の笛を吹くシーンの「ソ・ラ・シ・ド・レ」を吹いた。
おもしろいことにこの音程を吹くとあまちゃんが大爆笑。。何度もふいてみる。
では実験と思って「ド・レ・ミ・ファ・ソ」と吹くとあまちゃん全然笑わない。なんでだろう。モーツァルトはこの秘密を知っていて作曲したのだろうか?

今日はずっと子供に向き合っていた。ほくほくと幸せを感じる。
子育てはまさにマラソンみたいなもの。ながいながい道のり、辛くなって投げ出したくなる時もあるが、ふと幸せな瞬間や新しい局面に出会える。そんな時はうれしい。
また今日もあまちゃんは新しいことができるようになった。ドイツ語で「ボール」とちゃんと言えるようになった。すべり台を一人で滑れるようになっていた。

そのはじめての瞬間に一緒にいれるうれしさ。仕事がおもいっきりできるパパがうらやましくなった時もあるが赤ちゃんと共にいるのも捨てたものじゃないと思う。

あまちゃんとおいしいごはんを食べる。一緒にあたたかいお湯に入る。けらけらと笑いあう。あたり前のことが幸せな日々。




これでも、おとこの子です

  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
いや〜又久しぶりに読ましていただきました。
もう〜かわいい子供たち。アマもかわいいし、ミエもかわいい!子供は、ほんとに天使だね。
 又一ヶ月ぶりのデュッセルドルフです。彼のそばにいて、何のことない二人の久しぶりの出会い。いつもの事かとおもいながら彼の家に入ると、なんと真っ白なチューリップと小さな
かわいい植物二つと、プレゼントがテーブルの上においてありました。無言でカーテンをしめる彼。ぼーっと突っ立っている私。そして<どうしたの?>なぞと聞いてくる。これが日本人なのかあなあ?なんて思っている今日この頃です。ドイツ人ならものすごい勢いで抱きついてきて<さあ!これが君のプレゼントだ!ジャジャーン!!>とやりそうだけど、私たちは厳かな日本人カップルin Deutshlandなのでした。
ご飯をたべたり、テレビを見たり、あたり前のことがうれしいということを、ほんとに味わっています。えりかも毎日大変そうだけど、とっても幸せそうですよ!ほんとにいいママで私もエリカママのように素敵な諒子ママにいつかなれるのかしら?と思いにふける日々なのでした。いいたかったのは、普通の事が、しあわせに感じられるって、幸せだねってだけだったんだけど。。。まあいっか。
  • 諒子
  • 2005/12/20 18:03
私、大笑いしてしまいました。
無言でカーテンを閉めるなんてちょっとあやしいけど、ただ単に寒かっただけなのかなぁ。でもけんくん、お花とか用意してくれて優しいではないですか。ヨーロッパ人特有のジャジャーン行為より優しくしてもらいときに優しくしてくれる人が良い。日本人の優しさやあたたかさに懐かしむ私なのでした。
  • えりか
  • 2005/12/22 06:54





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR