まだ私が子どもがいなかった頃、「ふ〜ん」と読んだジョン・アーヴィンの「ホテル・ニューハンプシャー」。家族ができた今頃になってその本をよく思い出す。本の中に出てくるベリー家ってまさに我が家のよう。

一人一人が個性がありすぎるわ、次々起こるアクシデントで波乱万丈。時にはユーモラスだったり悲しかったり。そんな感じでも根底にはどこかシアワセがあるからなんとかやっていける。そんな「家族」のおはなしだったはず。


最近、パパさんが小児神経科にて我が家のあまちゃんのことを2時間かけて話した結果

「多分、息子さんはなんらかの自閉症だと思います」言われてしまった。話した相手は自閉症児の専門家の方だったので、私達も「そうだろう」と納得した。

あんなに笑っているし、昨日も砂浜のカフェバーでカップルの前でウケをねらって転んだりとかするので今でも「この子が自閉症?」と思うときもあるけれど、確かに2年以上も電球に執着していたり、知覚過敏になっていたり、幼稚園でみんなと上手に遊べない理由が一方でわかった。

幼稚園の先生や小児科の先生に「ウチの子、どうやら自閉症かもしれません」と言ったら今でも「えっ」って感じだし、友達の8割がたは「あまちゃんはただゆっくりタイプでしょ?」と今でも言われる。自閉症って見た目ではすぐにわからない分、判断も難しいところだろうな。でも、息子に障害があるとしたら、早めに気が付いたほうがいいと思う。そうしたらそれなりに将来の道を見つけたり、こだわりを見せてきた時などの対応の仕方を考えなおせるはず。

なんだか、あいかわらず我が家も色々とありますが、あまちゃんを妊娠している時は妊娠8ヶ月まで障害者の家でみんなの生活のお手伝いしていたこともあって「障害を持った子が生まれてきても全然オーケーよ」とパパさんに言っていたのを思い出した。
もしかしたらあまちゃん、お腹の中でその会話を聞いていたのかも。



JUGEMテーマ:家庭


  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
自閉症であってもなくても 自閉症児の育児法って
全ての子供達に良さそうな感じがするので
その方法であまちゃんの能力を伸ばせる方向に持っていけるといいですね。

個性的な家族がいたり、色々な出来事があって
退屈する暇がない・・・って、うちも同じ同じ〜♪
うちで一番スゴイのは義父母かもしれませんが・・・ (^.^;

家族が個性的過ぎて腹が立つことも多いですが
自分もまだまだ成長していけたら・・・ って思います。

ドイツ語も、もう少し勉強しないと・・・。
長男はあまり喋らないので気付かなかったんですけど
最近、超お喋りな次男が使うドイツ語が分からなくて・・・
辞書引いて「こんな単語や動詞があったのか・・・」 ってビックリ・・・
4歳児に負けてます (;^_^ A
  • pau pau
  • 2008/10/01 06:06
paupauさんへ

自閉症児の育児法もこれから勉強しなくてはならないようになりそうです。
自閉症って一人一人とても違うので、観察して理解するところからと思って試んでいるのですが、なかなか向こうの行動にこっちもわかり辛いところがあって大変です。

ドイツ語ということでは、最近面白いのは私がドイツ語を喋ると「ドイツ語、駄目!」とぎゃーと怒るのです。なんか日本語でしゃべっているつもりで思わず単語がドイツ語だったりした時も「ぎゃ〜」って言います。でも、パパはドイツ語を喋っていいらしいそうです。
これじゃ、私のドイツ語も成長しそうにもありません。ドイツ語と日本の使い分けこだわりがあるのかな?

本人はそんなに喋れないのに・・・・。paupauさんのように長男があんまりおしゃべりじゃない子だとなぜだか次男君がおしゃべりな兄弟って不思議と多いですよね。我が家の2番目もまだ喋れないのに何やらずっとお話しているので、「おしゃべりになりそうだね。おっそろしい〜」と言っています。

paupauさんの一家の個性ぶりには「わかる、わかる」とブログを見ては楽しませてもらっていますけど、個人的にはプロフィールの不思議ドイツ人のパパさんが気になるところです。あと、レオ君もヨハン君もサイコーにかわいいです!






  • えりか
  • 2008/10/01 22:11





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR