この間の木曜日のこと。
午前中、お友達のところに行って何人かの子供たちと楽しく遊んだあまちゃん。お昼になって帰ろうとしたら案の定、寝てはなかったけどウトウトとしていた。そこでベビーカーにあまちゃんを入れて重いお腹がパンパンになりながらも押しながら家路へ。

ところが突然、半分ぐらい歩いたところでご機嫌だったあまちゃんが「うえ〜ん」と泣き叫けびだした。これは様子がおかしいと思って、ベビーカーを止めて急いで見たらなんとベビーカーの脇に付いているベビーカー折りたたむ時に折れる金属とプラスチックの関節部分のところにあまちゃんの親指が思い切り挟まっていた。本当にありえない話!気づかなかったけど何年かベビーカーを使っていたらボロになって、ベビーカーの押し具合によってそこに何ミリかの隙間が開くようになったらしい。
ものすごく痛そうで大泣きしている息子。助けなくては思うのに親指がそのわずかな隙間にがっしり挟まってしまってひっぱっても全然抜けない。しかもベビーカーの関節の方も何をしてもビクともしない。だからと言って無理に指を引っ張ったり、ベビーカーをいじるのも危険。こっちも泣きたいほど焦った。

ちょうど工場の前で起こったことだったからか、向こうから一人、工具箱をもった見知らぬおじさんが見えた。大声で「助けてくださいー」と叫んだら、こっちに来てくれた。

「息子の指がベビーカーに挟まって抜けないのです。」と言ったらペンチやらなにやら工具を指と金具の隙間に入れて指を取ろうと必死になってくれた。「こりゃ、ひどい!これで駄目だったら消防車を呼ばなくては・・・」泣きつづけるあまちゃん、横でパニック状態の私。

しかし、幸運にもおじさんの工具のおかげで指がなんとか取れた。「こんなベビーカーは捨てなさい。しかし、早くとにかく病院に・・・。多分、指が折れていると思う」という彼。確かにあまちゃんの指を見たら紫色になってぺちゃんこになって反り返っていた。

あまちゃんの指が折れた・・・・と思いながらお腹が重いのも忘れ走りながら小児科に飛び込んだ。(ラッキーなことに走って1分のところに病院があった)扉が開いていたにもかかわらずパニックっていたのでベルを何度も押したり冷静さを失っていた。

「緊急なんです。息子の指が挟まってしまって、骨が折れてしまっているかも」と言ったら、混んでいたにもかかわらず先生がすぐに診てくれた。

とても痛そうにみえたが、ほんとうに良かったことに骨は折れていなかった。ただ皮がむけて紫色に炎症するとのことで手は包帯でグルグル巻きにされたけど。

それにしても、安全でなくてはいけないベビーカーがこんなことになるなんて頭にくる。
もとはすごい値段が張るドイツでは有名なメーカー品で、私達はそれを「ポルシェ君」と呼んでいたのに・・・。それからトラウマでそのベビーカーは使えなくなってしまった。
次の子は新しいベビーカーを買うことを決意。安全面重視。

車が壊れ、ベビーカーも壊れていて、へこむ。
あまちゃんは何があったのかすっかり忘れいるらしく元気。しかし、まだ親指が痛むらしい。それにしても王様のようになってしまった。親指が痛いのはわかるがあとの9本の指は痛くないはず。それなのに甘えて自分の手でコップも持ってくれなくなって私は召使のようにコップやパンを口まで持っていったりしている日々。


  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
骨折れてなくてよかったね。
それにしても、痛そう・・・。

次の子、女の子なんだね♪
男の子と女の子いいじゃん。楽しみだね(^^)
  • かおる
  • 2007/02/26 18:58
痛そうでみてられなかったよ。自分が痛い思いするより小さい子が横で痛そうにしているのを見るほうが辛い。どのくらい痛いのかわからないし。

ところで、おなかの子はおんなのこだったの。ずっと前から「女の子がほしい」とパパが言っていたのでうれしい。

でもエコーでお腹のなかを見たら、あまちゃんより男前の顔でブスっと居座っていた。ほんとうに女の子かまだ疑っている。
  • えりか
  • 2007/02/27 08:05





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR