市の大きな音楽学校でアイリッシュハープを習いはじめて1年ぐらいが過ぎました。アイルランドの音楽でも、習うのかと思ったら、最近はクラシック音楽ばかりが課題で、しかもバロック時代の曲ばかり。今も簡単なバッハやヘンデルの曲を練習しています。

私は、もともと、ピアノでもバロック時代の曲が大好きです。バッハ、ヘンデル、クープラン、スカラッティなどなど……。

週末、2日間に渡ってバロック音楽のワークショップが音楽学校であったので、部分的に参加してみました。
しかも、音楽学校の生徒なら無料というので、これは出るしかない!?

嬉しかったのは、チェンバロが凄く上手な先生が来ていて………


個人レッスンを2日間、受けれたこと。チェンバロをちゃんと弾いたのもはじめてです。チェンバロの生徒が私しかいなかったというので、先生を独り占めです。


これが、昔のチェンバロのフランスの教本だそうです。


1ページ目は、こんな感じです。訳が分からないです。

バロック時代は、即興で弾く部分が多くて、ようにコード練習を特訓するそうです。最後は、即興でバロック音楽を弾けるようになるらしい……。先生はやっぱり凄くかっこよく弾けるのでした(チェンバロの先生、女性だけれども)

他にも、小さな曲を丁寧に教えてくれたり、学びは大きかったです。

そして、バロック音楽というのは、そもそも、当時のお城の中で実際に踊られていたダンス音楽なのです。ダンスの専門の先生も来ていて、当時のダンスやお城の様子まで楽しく教えてもらいました。メヌエット、ガボット、パヴァーヌ。なるほど、こんなダンスだったんだ……。
1時間、踊っただけで、みんな汗ばんで来て、当時、あのコルセットや重い衣装で踊るというのがいかに大変かってわかりました。

もし、こういう風に体で体験しながらだったら、どんなに世界史が楽しく学べたことか当時のお城の様子が見えて来て楽しかったです。

ますますバロック音楽に興味が出て来ました。

子どもたちは、今日は、お誕生日会に呼ばれています。



お天気な日曜日。お友だちと楽しく遊んでいます!

  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR