昨日は、東方の三博士の日でした。

我が家は、みんなでお友達の久子さんの家にお邪魔したのだけれど、久子さんが、「三博士(三人の王様)ケーキ」を焼いて待っていてくれました。フランスでは、ガロット・デ・ロワと呼ばれているケーキです。

ケーキの中に、豆(フランスでは陶器の人形)がひと粒だけ隠されていて、切り分けたケーキから、豆が入っているケーキをもらった人は、その年に幸せを運ぶことが出来るそうです。

子ども達が、慎重にケーキを選んだあと、1番、控えめな顔したケーキを私も選んでみたら……


なんと豆が入っていました!豆が出て来た時は、皆んなで盛りあがりました。

豆が出てきた人は今年の「王様」になれます。私の場合は「王女様」だそうです(笑)。
何だか今年は良い事がありそうな新年になりました。


子ども達も、すごく楽しそうでした。プレゼントまで頂いてしまいました。


夕方から久子さんの近くのシュタイナー系の障害者の施設に行きました。東方の三博士の音楽劇を観るためです。
昔、農家だったという建物のホールに入るとすでに住んでいる人達だけでなく、外からお客さんもいっぱい来ていました。

美しく揺らぐキャンドルの光とハープの演奏の中、外から三人の博士がコーラスを歌いながらやって来ました。すごく雰囲気が出ていました。演出はスコットランドの方だそうです。
後から聞いたら、博士役やマリアも普段はお医者さんということに驚きました。

とても美しくて素敵な場に、みんなでいられた事が嬉しいです。

もうけっこう前だけれども、この障害者のホームとも私は縁があって、不思議な事や楽しかった事、あのムーミンの家みたいな屋根の下で過ごした日々、もう今はいない人の事など思い出しました。

今日から冬休みが終わって、学校が始まります。何だか今夜は眠れません…。

  • 2019.01.18 Friday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR