今日は「ドイツ統一の日」で祭日です。まだ午前中なんだけれども、1人でカフェにいます。近くの教会で子どものためのフリーマーケットが開かれているのに、家族は誰も興味が無いらしく一緒に来てくれなかったのです。ゆっくりとフリーマーケットも見れたし、カフェまで行けて良かったです。

小さい子供がいても、1人の時間が少しでも持てると、自分の軸が徐々に戻って来るのがわかります。カフェでこうやってブログまで書けれて嬉しいなぁ。

今日は末っ子ニコの事を書きます。かっこちゃんのメルマガでも、泣き虫さんの事がここ数日、書かれていたけれど、我が家のニコもすごく「泣き虫さん」です。先週の休日に「この子は1日で一体、何回泣くんだろう?」って数えたら朝の10時過ぎまでに5回は泣いて、1日で10回は泣いていました。小さな事ですぐ泣いて、涙をボロボロと流します。こんなに泣き虫さんで、来年、学校に行けるのかなって家族に言われていました。

あまりにニコが泣くのでその日はお姉ちゃんが、車の中で泣かない練習というのをしていました。泣きそうになる前に言い返したり、歌を歌ったりするのです。

でもね、確かにニコは、泣き虫なんだけれども、その分、感受性が人より繊細で、人に対してもとても優しいのです。私はそれを驚きを持ってそれを見つめ、見つめるどころかニコに毎日、癒やされています。

この間、川で石を投げながらお願いをするというのをニコがやっていたので、横で見ていたけれど自分のお願いではなくて、私の事を色々とお願いしていました。
たとえば「ママがサンタクロースのように、永遠に生きていけますように」とか……。普通だったらそこは、プレゼントのお願いする所なのにすごいなぁと思いました。

日本に行った時に神社とお寺で覚えたといって、お風呂でもなぜだかニコがお祈りしていたのを見たので、後で聞いたら「世界中の人が豊かになって幸せになるように」ってお祈りしていたんだそうです。

「ママが地球を100周するくらい大好き」「ママは可愛い」って毎日、何度も言ってくれます。こんな事を言ってくれる人、今までいなかったので、信じられなくて、「そんなのありえない。今まで、生きてきて可愛いなんて言われたことないもの。ママは、自分で自分をわかっているんだから」と言うと「嘘じゃない。本当だ。全てが好きなんだよ〜」ってまた、目から涙をボロボロと出すニコでした。
こんなふうに、ニコの無条件の優しさに、こっちもいつも泣きそうです。

  • 2018.10.20 Saturday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR