デンマークに住むゆうちゃん、ブログを書いてくれてありがとう。あらためて書くと、ゆうちゃんは私の1番、長くからの幼馴染みです。知り合ったのが、都内の公立保育園なんです。それから、近所だったので小学校も中学校も同じ学校でした。昔は学校で伝説になるほどのスポーティーなゆうちゃんでした。
明るくて、面白くって日本にいた時から学校ではみんなの人気者。そして波乱万丈な事がいっぱい起こるけれど、すごい行動力と頑張り屋さんなので、全てを乗り越えてしまうゆうちゃんでした。そして、表立っては言わないけれどゆうちゃん、生まれ持った霊能力があるみたいで人のオーラが見れたり、不思議なことが沢山です。目に見えない部分の話もできるし、人を思いやる気持ちが半端ないので優しいのです。どれだけ魂の年齢が高いのか……。デンマークのゆうちゃんに会うツアーを企画したいくらいです(笑)。
続けて「ときどきデンマーク」を書いてもらいたいなぁ。

ところで、フランスに行っていた我が家の子どもたちから電話がありました。どうやらやっとキャンプから帰って来るそうです。
「夜はカレーを作っておいて!」と言われました。どうやらみんなが最初に食べたい物は日本のカレーだそうです。

写真もいっぱい送ってくれたのでこっちも載せてみます。自分のブログなのに、画像がゆうちゃんのように大きく出来ないのはごめんなさい。


夕方はオパール色に輝く海辺。綺麗ですね……。



太陽の動きに合わせて、刻々と色が変わるのが素敵です。




ハナルナのお友達が途中から海辺に来てくれて嬉しかったみたいです。


キャンプ場で一家族一品の持ち寄りで、もう立派なディナーです。


最後は海辺の教会で、みんなで合唱コンサート。毎年、練習する曲達は違うけれど、毎年、ベートーヴェンの第九の「喜びの歌」ではドイツ語とフランス語で最後に歌います。動画見ながら泣きそうになっちゃいました。


愛犬クッキーも海辺で走り回っています。


その後は近くの音楽フェスティバルに行ったようです。


パパに連れられて。「バグパイプとドラム」というフェスって聞いたのですが……。



マーケットでは素敵なものが沢山。モロッコのスリッパなど、ドイツにはあんまり無いものがフランスでは見られます。



子ども達が夏の太陽を浴びたのかさらに元気いっぱいで、電話していてもそれを感じました。

これでも、夏休みが半分しか終わっていないです。今日は久しぶりの雨が降ってやっとドイツも猛暑が終わったのかも知れません。良いタイミングでキャンプから戻って来るなぁ……。

これから夏休みの後半をみんなで楽しく過ごしたいと思います。

  • 2018.08.13 Monday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR