昨日、ニコがはじめて予防接種を受けました。秋になったら6歳になるというのに昨日まで予防接種はゼロだったんです。そして、ゼロだったけれど予防接種で扱っている病気には今日まで、何もなりませんでした。

予防接種を受けるのも、受けないのも自分が納得して考えてからじゃないと後から何かあった時に、後悔してしまうから嫌だなと思って、これまで沢山、考えて来ました。

最初はそうでもなかったのです。
発達障害だったり、生まれた時から集中治療室にいた我が家の子供達が、本来はぼっーととしている私に「予防接種」に立ち止まって考えるきっかけを与えてくれたのです。

どう見ても、産まれたばかりの赤ちゃんに6種類の混合プラスもう1種類の予防接種は多いだろうって……。

ニコは生まれた時、大学病院に入院していたけれど、偶然にも予防接種を打つ日に退院できました。1日でも遅かったら、考える時間もなく予防接種を打たれていました。

そこから、家に帰って「予防接種」について調べたり、ネットでみたら日本人のホメオパスさんがこのドイツの地域引っ越しして来ているみたいだったので、直接、電話してみました。

そうしたら驚いたのですが、そのホメオパスさんの話しでは、息子さんが予防接種を受けた後、熱が出てそのまま大病となって集中治療室に入ったそうです。それをきっかけにホメオパシーの勉強をはじめたとのこと。。。
そして、私は自分でホメオパスさんから本を借りて読んだり、授業もしてもらって自分で予防接種やホメオパシーについて学びました。



結局、予防接種について知れば知るほど、デメリットを知って受けたくなくなります。

でも通常の医者が「予防接種して欲しい」と思う気持ちも医者と話していてよく分かりました。私みたいなお母さんと話すとお腹が痛くなるそうです(笑)

結局はこの件はお母さんがよく考えて決めるしかないと思います。子供はひとりひとり、違うというのも念頭に入れながら……

これからも、自分で考えながら医者と相談し、予防接種と付き合っていきたいと思います。

  • 2018.09.17 Monday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR