ベルリンのペルガモン博物館の続きです。


古代都市ミレトス(現在のトルコ)の市場門(紀元前120年)を通ってみたり、当時の町の様子がわかる模型を子どもたちと見たのも楽しかったのですが、次に見たアッシリアのコーナーはさらに興味深かったです。

約3000年前から続いた古代オリエントの都市アッシリア。現在のイラク北部です。

有翼人面の牡牛像!




有翼鷲頭精霊像。


神様と人間と動物が合体したような不思議なアッシリアの世界を垣間見ることができました。最近よく聞く、この時代の人達の宇宙人説も納得してしまいそうな姿です。

私が不思議だと思ったのは、このレリーフに描かれてある鳥みたいな精霊が「松ぼっくり」を持っていること。なぜ松ぼっくり?
少し調べてみると、この松ぼっくりは脳の松果体と関係があるのではないかとか、古代人は松果体が現代人より大きかったとか、面白い事を沢山、発見できました。

とにかく古代人の意識がもっと宇宙的なものとつながっていたり、動物ともつながっていたのはわかりました。

ただ、当時のお墓から出てきたアクセサリーを見た時は、「古代の人でも美の感覚や色のバランス感は今の人と変わらない」と感じました。


紀元前1500年前に作られたアクセサリーを見ても、その事実がわかります。

そもそもあんなに美しい洗練されたレリーフを作れるという事がアッシリア人の芸術性や器用さの証拠です。

ペルガモン博物館の2階はイスラムの世界になります。そこも面白くて、日本やドイツとはまた違った世界を見ることができます。

次は、ペルガモン博物館を出て、向かい新博物館に入りました。そこにも、ベルリンのお宝中のお宝が鎮座しています。

次回に続く…‥。

  • 2018.06.19 Tuesday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR