昨日は、ホメオパシーでSepiaというイカ墨のレメディを口に入れたとたんに、体調が良くなったという事を書いたのですが、ポーテンシーの事や、そもそもホメオパシーって何なの?という事を書くのを忘れてしまいました。

ドイツの薬局に行って例えば、「Sepiaのホメオパシーをください」と言うと、ポーテンシー(希釈振盪の程度)を尋ねられます。一般的に、ドイツではD6、D12、D30が薬局で売られていますが、大体、通常はD6かD12を使います。それ以上の高ポーテンシーの場合はホメオパスや医者の処方があった方がいいです。というのは、D30のポーテンシーを薬局で、買おうとしたら薬剤師さんに「作用が強いから、処方箋なしではおすすめ出来ない」と言われました。

ちなみに、私が持っているSepiaはD12です。D12が、一般的に1番、ドイツでは使われているポーテンシーだと思います。

ホメオパシーは、原物質を薄めて、振って作った物です。1Dが原物質が100分の1入っていますよ、という意味です。そこからさらに、100分の1というように、フラスコに入れ、薄めて振るという行為を何度も続けます。

だから、最終的には原物質は、薄まり過ぎてほとんどもうありません。瓶に入っているのは、ただの砂糖粒の状態です。

不思議なのは、薄めて振るほど、ホメオパシーでは、高ポーテンシーになります。

だから、ホメオパシーというのは物質的な思考では理解できない、摩訶不思議な自然療法なんです。

それでも、ドイツでは店頭で置かれているくらい、国民が普通に使っている自然薬です。これは、まずホメオパシーが副作用の少い自然療法で、ドイツで作られた物というのもあるけれど、「何ものかわからないけれど、効果がある」って多くの人が感じているからだと思います。

そして、ホメオパシーがもう原物質ではないなら、一体、何なのと言うことですが、例えばイカ墨のホメオパシーだとしたら、それはイカ墨のエネルギーや波動なんだと思います。

希釈振盪すればするほど、実際の物質は薄まるがエネルギーや波動が大きくなるって知った時、とても大発見した気持ちになりました。そして、ホメオパシーでは高ポーテンシーなほど、体ではなくて、心に作用します。

だから、処方箋なしで薬局で買う時に、高ポーテンシーは薬剤師さんに躊躇されたのです。

イカ墨に似ている要素を持った体と心を、イカ墨のエネルギーや波動で共鳴させ、治療するのがホメオパシーです。

私はホメオパスでもないし、説明が分かりにくかったらごめんなさい。

でもホメオパシーだけでも、少し知ると風邪ぐらいなら自分で子供たちやペットもケア出来るし、さらに鉱物、植物、動物、人間や宇宙とのつながりまで考えられるので、すごく興味深いです。


さっちゃんから紅茶とお姉さんが描いた素敵なハガキが送られて来ました。
ミルクティーにして飲んだら、すごく美味しくて、夜中にほっこりです。ありがとうーー。

  • 2018.01.19 Friday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR