アレキサンドラと別れてから、ミュンヘンの町で有名な博物館に寄りました。

「ドイツ博物館」という所です。子どもたちがいるなら、美術館よりこの博物館が楽しいとアレキサンドラが言っていたので………。「なんの博物館なの?」って聞いたら「もう色々とあって説明できない」とのこと。


入り口を入ると、船や飛行機が沢山、展示されていました。飛行機と船のコーナーでした。

実は、期待しないで博物館に入ったのだけれど、いつの間にか、子どもたちより自分が楽しんでいて、見入っている内に何度も迷子になりかけたぐらいです。

ように科学技術や産業の博物館なんだけれど、同時にそれを、発明した人間の歴史も見れる博物館でした。


飛行機だって、今は気楽に乗れるけれど、最初は人類の夢と命をかけた実験が繰り返されていました。
最初は「空を飛んでみたい!」という人間の夢から、鳥の羽をよく観察して、作られたこんな物から始まったのです。

これはオットー・リリエンタールの作った人類はじめてのハンググライダー。1896年ぐらいです。

それがこうなって……


アメリカのライト兄弟の作ったはじめて動力を使った飛行機のモデルも見れます。
飛行機って発明されてから、まだ110年ぐらいという事に驚きます。
「星の王子さま」の著者サン=テグジュペリの「人間の土地」や「夜間飛行」を書いた時代の飛行機も展示されていて、本を思い出し、興味津々です。


そして、気球の展示も面白かったです。はじめて人間が気球を飛ばした時もドキドキだったんだろうな。
フランスのモンゴルフィエ兄弟が実際に飛ばした熱気球。1786年のフランスのパリにて。さすがフランス、絵が描かれたおしゃれな気球です。このモデルはスイッチがあって、押すと気球が上にあがります。


大航海時代から、船で使われていた羅針盤です。
私ははじめて、じっくり見て感激しました。
船で目的地に着くのが、とても大変な時代があったこと、想像してみました。そういえば、あのイタリアのジェノヴァの町はコロンブスが生まれた町でした。


海の上でこれを使い、星から方位を探っていた時代もありました。なんかロマンを感じてわくわくします。

昔の船もあったけれど、地下にはドイツのUボートも展示されています。これはここの博物館の見どころのひとつです。

その他、天体について、物理、数学なども展示されている階もありました。あまりに広すぎて全ての、館内を見ることができませんでした。


隣の部屋で高圧の電気実験を見ることもできました。


高圧をかけて、人工的にカミナリや稲妻みたいな物を作って見せてくれました。

「バリバリ、バーン!!」って余りにも、大きい音が出て、みんな耳をふさぎ、子どもたちは泣いたりしていました。

衝撃的な実験!! ドイツ博物館のHPからその実験が映像で見れるので、時間があったらぜひ、覗いてください。
(ここをクリック!)

旅行から帰って、何日か後に夢の中で大きな羅針盤のようなものを見ました。
大きな円盤型の中に、不思議なんだけれど陰陽太極図のようなものが描かれていました。
そして、その上に太陽のシンボルが飾られていて、光を放ってキラキラと輝いていました。
この旅行での、イタリアの太陽や家族やアレキサンドラとの楽しい思い出が夢の中で、輝く羅針盤となって見えたのかなと思いました。


秋休みの旅行話は、これでおしまいです。
ずっと読んでくれてどうもありがとう!

  • 2017.11.20 Monday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR