昨日、デュッセルドルフで開催されている「REHA CARE」という、バイアフリーや介護、リハビリをテーマにした大きなメッセに行って来ました。

お友達の久子さんと去年も行ったのですが、今年も「また、一緒に行こう〜!」と誘ってくれて、しかも招待券まで頂いてしまいました。
久子さんに会いたいなぁという気持ちもあって、今年も一緒について行くことにしました。

本当に国際的な大きなメッセです。回れるブースは本当に沢山あります。

世界から来た最新の介護用品、車椅子、セラピー用品の情報を得ることが出来ます。

会場は当然、車椅子に乗って来ている方や介護の犬を連れて来ている方の多さに驚きます。
介護のワンちゃん達は我が家の愛犬、クッキーと違って、とっても大きな会場でも、良い子で「ワンワン!」と吠えたり、むやみに動いたりしません。とっても可愛かったです。




会場では、車椅子に乗った人達のスポーツや
クライミングなども体験したり、見れます。


車椅子の子どもたちの洋服。ここで
毎年、買うお母さん方もいるそうです。
自分がもし、車椅子に乗っているとしたら、車椅子も上着も帽子もおしゃれしたいなって思いました。

日本からの来ている「フランスベット」さん。
素敵なステッキや、自由に動かせるドーナツ枕など見せてくれました。



会場には、マッサージ機も色々とあって、持ち運び出来る肩もみマシーンや、背骨の歪みに働きかける不思議なマシーンなど、色々と試せて、ブースにいる方も楽しい方ばかりで、おもしろかったです。
肩こりのある久子さんは、持ち運び出来る肩もみマシーンを購入していました。私も凄く気になっています……。



メッセ会場で、ブラジルの企業を回ったら
無料でカクテルや御飯まで用意されていて、音楽バンドまで来て、サンバのダンスしていたりして、陽気な雰囲気でした。さすが、ブラジルです。
私達もカクテルを頂いたら、アルコールが強くてすぐに、ほろ酔いになりました。

帰りは、久子さんと、メッセで通訳してたりコーディネーターを長年している久子さんのお友達のれい子さんと、デュッセルドルフで天ぷらうどんなどを食べました。

久子さんの新しい仕事についてもお話しました。久子さんは、これからドイツ人の40代のMS(多発性硬化症)という病気を持って車椅子に乗っている女性の方の生活のアシスタントをするそうです。
私はかっこちゃん(山元加津子さん)のホームページから、「雪絵ちゃんの願い(ここをクリック!)」を読んでMSについて知ったし、雪絵ちゃんのお願いを知ってもらいたくて、紹介したら、久子さんが読んでくれて、とても感動してくれました。かっこちゃんの本も色々と読みたいって言ってくれて、次に会う時に持っていくねって言いました。

もう色んなことがつながっているんだなぁって感じました。

初めてお会いしたれい子さんも、ドイツの大先輩として、とても興味深い話をしてくれました。

帰りは電車を逃して、少しだけ遅くなってしまったけれど、本当に楽しくて充実した1日でした。

  • 2017.12.15 Friday |
  • - |
  • -

Comment





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR