昨日、そういえばあまちゃんの健診で近くの小児科に行った。待合室に入るといまどきの小児科っていうのはなんと素晴らしいおもちゃがあるなぁー。大人と等身大のサルの人形。木でできた大きな大きなお城のおもちゃなど子どもが大好きそうなものがいっぱいあった。
「あまちゃん、これで楽しく遊べるわよ!」なんて思ったけど、あまちゃんはこのうるさい子供達の中、グーグーと寝てしまって残念だった。名前を呼ばれて診察室に入って裸にするまで寝ていたもんだからすごい眠かったにちがいない。

待合室であまちゃんは寝ているもんだから私はちょっと他の子どもとお母さん達を観察。それにしてもどの家族も親子って似ている。なんか服に皺一つないような上品なママの息子くんはやはりピシッとした装いだが、躾が良すぎるのかとっても消極的だ。まわりを見てオドオドしていた。その隣に元気そうな女の子がそのでっかいサルの人形をズルズルと引っ張っていた。なんせ大人と同じ大きさの人形だ。そのおんなの子のママはすごい太っていたが、おおらかそうだ。ジーンズの上から下着が見えるほど無頓着なママ。しかし、気取りなく楽しそうに子どもと喋っていた。そのおんな子も元気そうで、ママにチューチューしていた。
トルコ人のパパはその娘とまったくおんなじ顔をしていた。眉毛がカモメのようなのだが、むすめもまったく同じ眉毛をしていた。無口なパパで、これまた娘も無口でもくもくと遊んでいる。

なるほど・・・、子どもはまったく親に似てしまうのねーなんて思っていたら能天気に寝ているあまちゃんは他のママ達に笑われていた。きっと、私もあまちゃんにそっくりなんだなと思ったらちょっぴり恥ずかしくなってきたのであった。

その後、私の後ろに置いてあった「エイズのものがたり」の雑誌をパラリと読んでみた。ゲイのカップルの写真ばっかりで、彼らのつくった芸術作品やらエイズとわかった時の心境など、インタビュー方式で書いてあったが、なぜこの雑誌が小児科にあったのだろう?

と前置きが長くなってしまったが、健診の結果は体の発達は何の問題はないし、病気もないがハーフという特別な状況で2カ国語の中で育っているので、言語面が心配と言われた。確かにもうすぐ2才となるのに20から30語しか喋れないあまちゃん。男の子だから遅いという面もあるしなー。

おかしかったのは医者に「すごいメカニックなことに興味を示す子だね。日本人だなぁ〜。パパはコンピュターのプログラマーなのかな?」なんて言われたこと。パパは「シュタイナー学校の先生です」と言ったら、医者もがっくりしていた。

でも、タイに行った時、ある人に私の子はメカニックな仕事に就くと予言されたことを思い出した。素質があるのかもなんて、親ばかでごめんなさい。

もうすぐ日本への帰国。このままあまちゃん、病気もせず元気でいてほしい。飛行機のキャンセルはいまさらできないのだ。

さっき、母から電話。箱根旅行は雨になりそう。ちょっとがっくり。



うしろにちらりと見えるのは、あまちゃんの従兄弟のフローリアン。はじめて彼女ができたのか喜びの日々。横にいるのが彼女。

  • 2019.10.19 Saturday |
  • - |
  • -

Comment
フローリアンかわいい〜と、思ったら彼女いるのかよ(笑)
  • よっしー
  • 2006/04/09 20:58
よっしーへ
かわいいけど、若すぎる。確か19歳だよ。
見ててういういしくて恥ずかしくなってくるのさ。

  • えりか
  • 2006/04/10 07:58





   

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR