今年のドイツの冬はいままでになく暖かい。去年は11月に雪で学級閉鎖になったというのにこの冬は雪もまだ見ていない。かわいそうなのはスキー客。何ヶ月も前にホテルを予約しても雪がないから滑れない。まぁ、私は暖かいほうが好きなので嬉しいけれど。

この2,3日は晴天だったので、我が家の近くの大きな公園も子供と大人でいっぱいだった。ここの公園はイノシシ親子がたくさん住んでいる。今年、日本ではイノシシ年らしいから見にいかなくては。



いました、いました。



イノシシを見て「ママだぁ。ママだぁ。」と私を指差したあまちゃん。ショック。



とことことこ。



久しぶりにカメラ目線。



近くに塔を発見。



塔の上から下を見たら川が見えた。



1人で先に下りてあまちゃんとパパに手を振ってみた。

ここ何日か我が家に友達が寝泊りしていていた。今日、彼女は日本に一ヶ月ほど里帰りということでここから電車に乗って空港に向かってしまった。今頃、もう飛行機の中だろうか。家を出る前に「茶巾寿司がいいなぁ」なんて電話口で彼女が日本の家族と話ていたのが耳に入った。いいなぁ。

不思議なことがあった。
それは彼女が普通の心持ちの人でなかったからかもしれないが、いつも彼女とテーブルで夜に話していると不思議なほど彼女のオーラがモヤモヤと見えた。目を擦って見たが、本当に見えた。色も形もどんどんくっきりとしてきた。こんなことめったにないので、正直言って恐かった。「恐い、恐い」と私が言っても彼女はいやに冷静だった。その後、「私ってすごい能力があるのかも・・・・」なんて思って、あまちゃんやらパパを凝視してみるが全然オーラなんて見えない。とりあえず彼女だけだったらしい。

そんな彼女も日本へ旅立ってしまったし、午後になってあまちゃんと散歩にでた。最近、彼のお気に入りは三輪車。後ろに棒が付いていてあまちゃんが漕げなくても押せるから便利。まだまだ、ペダルを漕ぐというより、乗っているという感じ。この三輪車、まだまだ使えて物もしっかりしているのに、フリーマーケットで5ユーロだった。ありがたい代物。

散歩に行ったら、「あっちに行く」と自己主張して、私が「そっちには行かないよ」と言ったら、地面にひっくり返って大騒ぎの大泣き。見ると鼻水もだらしなく垂れている。側にいた子供達が「この小さな女の子(男の子なんだけど・・・)が泣いているけど大丈夫なのか?」あまちゃんに近づいて心配している。

ということで、あまちゃんに言われるまま上手く漕げもしない三輪車と共に少し遠出の散歩に出かけるはめになった。最初、静かに三輪車にまたがっていたが、段々と困ったことにあまちゃん、ウトウトしてきたらしい。気付いたら、目なんかつぶっているし、最後は眠ながら地面にコロっとひっくり返ってしまった。ころんだあまちゃん、再び大騒ぎの大泣き。こっちの方は眠られても、重いので片手で抱っこしきれないし本当に困ってしまって。最後はあまちゃんのほっぺをペチペチと軽く叩きながら「起きてくれー」と叫びながらなんとか戻ってきた。最近はこんなことが多い。

スーパーに行ったら、面白いものを見つけてきて動かなくて、無理やり抱っこしようとすると、「きゃぁー」と騒いで、泣く。スーパーのお肉屋さんがパンダの絵の付いたハムを手に渡してくれなかったら帰れなかったところだった。

そんな子どものいる最近の私の癒しは「お茶」を飲むことかも。でも私は「お茶」を選ぶセンスがないので、家には変なお茶がけっこうある。「ドルトムントのお茶」とか「グレープフルーツ味の緑茶」とか。昨日もスーパーで「リンボダンスのお茶(オレンジ、パイナップル、ココナッツ)」って言うのを買ってしまって、後悔。

そういえば、その私の趣味は自分だけにおさまらなかった。オレンジ味のお茶のみを10種類も友達にプレゼント。「その子、オレンジ嫌いだったらタダの嫌がらせじゃん」と私の後ろでパパに言われながら。



夏の記憶。

曇り空が広がってくると、5月なのに薄手のセーターが着たくなる。
たまにその曇り空から、太陽が見え出す。すると突然じりじりと暑くなる。あいかわらず極端なヨーロッパの空よ。

昨日、サイクリングした道をべビーカーで歩いてみた。たまに立ち止まるのでゆっくり、ゆっくり。この道は車は走らず、もっぱら人々はジョギングをしたり犬を連れて散歩をしたりしている。最近、はやっているのだろうか?ウォーキングに励む人が多い。両手になにやらスキーのストックのようなものを持って、急ぎ足で歩いている。それにしてもドイツ人はでかい。私の倍はあるであろう人が横を通るたびにニコリと笑顔を見せてくれる。もちろん私にではなくてあまちゃんにだろう。



ドイツもタンポポも巨大らしい。「ふーふー」しているところ。



ベビーカーに逆に乗るのが楽しいらしい。しかし、この顔は何?



たまにちらりと笑顔



はじめて見た犬の調教の授業。畑の横で。

朝ごはんからメロン。一個150円くらいで買ったのにメロンはあんまりここでは人気はないよう。おいしいのになー。あまちゃんも好きではなく、もっぱらリンゴ派。

突然、私の左目が腫れてきた。もともと二重だが三重のまぶたになってきた。お岩さんみたいになるのかな。眼医者にいくべきだなー。

私達の秘密の農家にお邪魔した。別に秘密ではないけどあんまりみんなに知られてないから勝手に秘密の場所にしてみた。
農家と言ってもここは質のいい自然食品も買えるお店もあるしカフェもある。うれしいことにカフェの前には子どもの遊び場があるのでママやパパもゆっくりとカフェオレでもビールでも飲める穴場。



この中に自然食品とカフェがある。あいかわらず大きな栗の木が美しい。カフェは外にも座れるようになっている。カラリと晴れていたので親子連れがたくさんいた。

どの子どももかわいいのでコーヒーを飲みながらちょっと観察しよう。



砂場あそび。



この子、絶対に砂を食べています。



今日はおとこのこばかりに目がいく。



あまちゃんもスナスナではないの。



滑り台もできるようになった。



こっちに豚がいるよ。



豚がウゴウゴ。



あんまり近づくと噛まれるそうな。



こんなところにヤギさんもいる。子ヤギがかわいいのであった。



向こうにみえる黄色い建物がワールドカップで6月に日本とブラジルが試合をするドルトムントのスタディオン。こんなに近い。



帰りは車からこんなに綺麗な菜の花が見えた。

夏かと思うほど暖かい5月の土曜日。この小さい町はカランとしていてどこに行ってしまったのか人が少ない。「きっとみんなは湖の方に行ってしまったんだね」なんていいながら私達は家の裏の散歩道に野花でも見つけに行ったのであった。



ちいさいちいさい小川も流れているのであった。小川の横で遊ぶ父と子。



橋から石を投げ続けるあまちゃん。



まだまだ、最後まで歩けないあまちゃん。ベービーカー押したり、おんぶしたりと疲れます。

5月になると色々な植物が現れてきて、見ているだけでも楽しいが東京うまれの私は恥ずかしいほど花と植物には無知なのであった。月曜日に植物図鑑を学校から持ってきてもらおう。
























1

Search

Profile

Archive

Link

Other

PR