チェコの最南にある大きな湖、リプノ湖に滞在していた私達。
湖の周りは緩やかな山とボヘミアの針葉樹の森に囲まれ、この辺りはチェコ人の有名なリゾート地になっています。

毎日、そんなゲストのために小さなバスが走っていて、湖の後ろの小さな山の上まで
運んでくれます。どこに連れて行ってくれるのでしょう?


山の上にこんな面白い物が建っていたのです。

森の中の空中散歩と展望台、さらに景色を見た後は真ん中が滑り台になっていて、一気に下におりることができます。
楽しそうだなぁ...。これは、行くしかありません。


針葉樹の木々の間に空中で楽しめる長い通路があって、木を見ながらゆっくりゆっくり上にあがって行きます。

途中には、森の植物や動物の事が学べるコーナーがあったり、下が見れてドキドキ出来る所もあって楽しめる工夫がしてありました。


こんな風に鳥の目線になって、森を散歩した事がなかったなぁ。



いつもと目線が変わると同じ景色でも、違って見えます。松ぼっくりも何時もより
大きく見えました。


回旋しながら、1番上までやって来ました。


なんて綺麗な景色なんだろう....。
壮大なボヘミアの森を堪能した後は、お楽しみの滑り台。子どもたちはこれが楽しみだったのです。

ところが、滑り台はとっても傾斜も長さもあるので、6才から使用が出来るとのこと。
滑り台を嬉しそうにすべって行くアマデウスとハナルナを見ながら、ニコ君が大泣きをしたのでした。

なんとか、泣いているニコ君を抱きかかえて、出口まで行くことが出来ました。

出口をでるとアマデウスもハナルナも待っていてくれて「滑り台はあっという間でつまらなかったよ〜」とニコ君をなだめてくれました。

帰りはバスに乗らないで、歩いてハイキングをしながら帰って来ることに....。



森の中は針葉樹の木々がスラリとした姿で立っています。ふかふかの苔の上で黄色の蝶々が飛び回っていました。


ドイツトウヒと呼ばれる木がほとんどで実が沢山、落ちていました。


この実を持って、「にんじん、にんじん」
って喜んで遊んでました。ニコ君がご機嫌になって良かった....。


あんまり歩くのが遅いので、カタツムリさんと言われていたけれど、ちゃんと自分で最後まで歩けました。

世界で1番、美しいと言われるチェスキークルムロフの町に来た私達。
世界中から来る観光客も多くて、おみやげ屋さんも沢山ありました。
中を覗くと....


色んなタイプのマリオネットが、見られました。


ほとんどが木で出来ていて、怖い顔をした魔女達もいます。

なんせ、チェコの伝統芸術はマリオネットと呼ばれる「操り人形」なんです。

昔、むかしチェコでは、オーストリアのハプスブルク家が支配している時期が何百年もありました。その時代、人々はチェコ語でなくてドイツ語を強いられていたのです。
そんな中、マリオネットだけは言い回しも独特だったのでチェコ語を使用する事が許されていたのでした。
マリオネットはチェコ人々にとって、アイデンティティーであって、大事な物だったんです。

チェスキークルムロフにも、小さなマリオネット博物館がありました。
子どもたちも喜ぶかな?中に入ってみました。


入り口には、こんな人形がぶら下がっています。なんか私に似ている?


うわ〜、色んな可愛いマリオネットがあります。


一つひとつ、手作りでおんなじ物はありません。


人間と等身大のマリオネットも....。
どうやって動かすのかな?


仮面を被った、マリオネット。


これも、アニメのキャラクターぽくって可愛い!


チェコのみつばちマーヤ?


博物館のお兄さんが、自分で人形劇が出来るコーナーがあることを教えてくれました。

じゃ〜ん、人形劇のはじまり、はじまり。


小さい頃から、人形劇に親しんでいる我が家の子どもたち。即興劇を作って、楽しんでいます。


木で出来ていて、カタカタと言います。
お決まりのマリオネットの登場人物。
お姫様。王様。王様達を喜ばすピエロ。ドラゴン。悪魔がいました。


「ニコ君は人形みたいで可愛いから、マリオネットと一緒に舞台の上に乗っちゃえば?」と言ってみたのですが、控え目なニコ君は静かに観客席で、はしゃぐお兄ちゃんとお姉ちゃんの劇を見ているのでした。


チェスキークルムロフ。マリオネットも沢山みられたし、町自体が人形劇の舞台のよう......。
来れて良かったなぁ。


リプノ湖から、車で30分位走らせた所に世界で1番美しいと言われる町があります。
チェスキー・クルムロフ歴史地区です。
とうとう、ここまでやって来ました。チェコの南ボヘミアの森に囲まれて、おとぎ話の世界に入り込んだみたいな雰囲気です。


このお城の塔なんかピンクの色まで入っていて絵本に出てきそう.....。

この町の歴史を少し調べて見たら、ずいぶんと時代に翻弄されて来たことがわかります。
始まりは13世紀に南ボヘミアの貴族のヴィートコフ家がお城を建てた所から。それから、時代ごとに色々な事があったのですが、共産主義時代に一度、町全体が無人化、廃墟化されてしまったのです。
その後、1989年の革命を機に歴史価値のために町全体が修復されたそうです。


だからか、テーマパークっぽいといえば
そんな感じなんだけど......


でも、本物だからやっぱり素敵。

スヴォルノスティ広場に来ました。マーケットが見られました。


イースター祭の卵も売っています。


見たこともないお菓子達....。


これも美味しそう!パンに穴が開いていて、中にスープを入れてくれます。

他にも、はちみつや洋服や石など売っていました。私は母のために、チェコのビーズを買いました。


トルデルニークを途中で見つけました。


シナモン砂糖がまぶしてあって、美味しいです。

ようやく、お城に向かいます。。。


お城の入り口には、なぜだかクマがいます。
きっと昔はこの辺り、動物もいっぱい住んでいて、クマもいたんだろうなぁ。

お城の壁は全部、手描きです。


どこかに画家の自画像も描かれているらしいです。


いよいよ塔にのぼってみます。ニコ君も上まで行く事できるかな?


塔の真ん中辺りに牢獄もあって、覗くと骸骨が横たわっています。怖い〜。


塔の上から、町全体が見れます。


やっぱり、チェスキー・クルムロフはおとぎの町でした。


ドイツからオーストリアを通って、チェコにやって来ました。この辺りは南ボヘミア地方と言われる地域です。
国境を渡るのに、コントロールがあるのかと思っていましたが、何もなく、素通りでした。というか、コントロールどころか人の気配がないのです。家と家の間がすごく離れていて、誰の姿も見えません。

そして、国境から少し車を走らせた所に大きな湖があります。リプノ湖と言います。
そこに私達の泊まるアパートがあります。

荷物を運んで片付けたら、疲れが一気に出てソファーで少し横になって休みました。
アパートは2階部分もあって、広くてゆったりでした。前の日は車内で寝て、狭かったから幸せ....。


右側部分がアパートです。
湖があって後ろは緩やかな山々と森林がある典型的なリゾート地です。

ただ今の季節が夏で泳げる訳でもないし、スキーを出来るギリギリで雪も少ないので
リゾート地全体がガラーンとしてます。


ほとんど人がいないのでした。


とっても静かで、毎日、鳥の声を聞きながら湖畔を歩いています。


子どもたちは石を拾うのに夢中。
よーく見るとキラキラした透明の石があるんだって....。ニコ君は真っ白な石を探しています。

3月はお天気がめまぐるしいです。
曇っていると

どんよりとして、まわりの針葉樹の森が暗くなります。
雪もちらついてきて

こんな風に次は真っ白になって、森は粉砂糖をかけたような風景になります。


そして、晴れるとまた青い空が広がりました。

この旅では本を沢山持って来たので、読書をしています。一気に読み終わったのは梨木香歩さんが書いた「ピスタチオ」という本です。ちょうどベルギーで、テロもあったりして色んな事を感じながら読みました。

自然の中でゆっくりと過ごしています。


レーゲンスブルクから更に南東方面ヘ....。車の中から、素敵な町並みが見えて来ました。「うわ〜、綺麗!ここに寄っていいかな?」と聞いたら、夫が車を止めてくれました。

ドイツの南東部、オーストリアとチェコの国境近くの町、パッサウです。

せっかくなので、町を少しだけ見ていく事にしました。


石畳の細い路地が沢山あリました。バギーも持って来たけれど、ガタガタしてなかなか大変です。
川沿いの町なので、度々、洪水が起こったようです。その時の水位がしっかり柱に刻まれて記録されている所がありました。


石畳の道を上がって行くと、大聖堂が見えます。


シュテファン大聖堂です。中が美しかったのですが、撮影が禁止されているみたいだったし
ミサをやっていたので、静かに後ろから見てみるだけにしました。
天使の像や絵が沢山、天井にあって可愛かったです。


この町の特別な所は、ドナウ川とイン川とイルツ川の合流地点あることです。


ちょうど暖かくなって来て、日なたぼっこ日和でした。


観光の船も通っています。


イン川の方を散歩しました。


ボートに乗っている人や、

カモの夫婦もいました。


最後に、散歩したのでお腹が空いてきて、こんな物を食べてみました。ウィーン風カツレツです。30センチほどのお皿なのにお肉がはみ出ていました。お腹が苦しくなりました。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR