ニコが6歳になりました。ニコは誰よりも早起きをして、朝の5時45分にはこうやってプレゼントを見つめて、1人でワクワクしていました。

日本のおばあちゃんからプレゼントも来ていたし、ドイツのお祖母ちゃんのプレゼントもあって、気がついたらプレゼントがいっぱい!

他のみんなも起きて来て、まだ朝の6時台なのにハッピーバースデーの歌をギターの演奏で歌いました。ドイツ語、英語、日本語の順番に歌いました。

朝食はニコは幼稚園で食べます。ケーキだけでなく、先生と協力して、パンや上に乗せるチーズやハムなどの準備もしました。

ニコを送り出してから、今日は自分もお仕事があったので、学校に向かったのだけれど、
すっかり木々が秋になってか枯れ葉が舞っていて、とても感傷的な気分になりました。

ニコが生まれて、病院で入院していた事を思い出したからです。嬉しいけれど、ニコの誕生日辺りを思い出すと泣きたくなる記憶ばかりです。半泣き状態で、学校のドアまでやってきました。それにしても、お誕生日なのに、泣きそうっておかしいなって思いました。

少し前のことなんだけれど、ニコへの愛しさでいっぱいになってしまった時に「ママはニコが大好き過ぎて……どうしよう?」とニコに言ってみたら、一瞬、困ったお母さんだなという顔をしたのだけれども、「ママはずっと笑っていればいいよ」って言ってくれました。
「そうか、笑っていればいいのか…」って、学校のドアの前で泣きそうになった後、ニコが言っていた事を思い出しました。
やっぱり、にこにこニコちゃん、笑顔がいちばんだね。

今日は、ニコの6歳のハッピーバースデー!まだ夜中なんだけれど、こっそり幼稚園に持って行くケーキを作っていました。


じゃーーん。さっき、出来ました。不器用なお母さんでも作れる「恐竜のケーキ」。パウンドケーキに恐竜の顔が描かれた画用紙を刺しただけという斬新なケーキです。それより色がかなり怪しいのだけれども、これを幼稚園に持って行って大丈夫でしょうか。子ども達が「何?これーー」って笑ってくれる顔がみたいです。

恐竜が好きなニコのために幼稚園の先生は恐竜の本とフィギュアのプレゼントを準備してくれたそうです。実は、私も恐竜のプレゼントを買ってしまいました。

きっと起きたら、恐竜だらけのお誕生日になりそうです。

土曜日は近くの公園で子どものための「秋祭り」がありました。せっかくなので、ニコを引っ張って、行って来ました。


移動式の小さなメリーゴーランドもありました。本当に小さくて、馬も車も笑ってしまうほど小さいメリーゴーランド。

子ども達が乗って、そのメリーゴーランドをその親達やお祖母ちゃん達が見守っていていました。
メリーゴーランドが回り始めると、ニコが目を泳がせて私の事を探して、見つけると嬉しそうに手を振ってくれます。クルクルと回る度にそれが何度も続きました。小さな子供の見せるママを見つけた時の、安心感と嬉しさの表情を感じて、幸せな気分になりました。

あと、1年もしたらニコがこんな表情なんて見せてくれないかもしれないし、メリーゴーランド自体にも乗らなくなるかもしれません。

全てが貴重な「今」なので、写真をいっぱい撮ってしまいます。


パトカーが来ていて、警官の方が車に乗っていいよって言ってくれました。


わーい。警官になったみたい。大きくなったら将来はやっぱりピアニストじゃなくて、警官になるそうです(笑)。蜂蜜を作ったり、タイムマシンも作りたいらしいから、やりたい事がいっぱいなんだね。。。。


お姉ちゃんも来て、真面目に交通ルールについて警官の前に座ってお勉強。偉いな……。
私は右も左もよくわからないから、娘に感心しました。


女の子達の合唱を聞きながら、ケーキも食べました。
ニコの選んだケーキは当たりです。プリンが乗っていて美味しかったです。
私はティラミスケーキと思ったら、プラムチーズケーキでした。みんなの手作りケーキ、食べてみないと味が想像できないです。

その後、ゲームをいっぱいしたら、プレゼントを沢山頂きました。要らない昔の玩具など……。それでも、すごく喜んでいました。
楽しい事が夏休みが終わっても、いっぱいなドイツです。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR