一昨日の3月21日は、作曲家のヨハン・セバスチャン・バッハのお誕生日でした。バッハが今でも生きていたら、びっくりするくらいおじいちゃんの334才だそうです。

最近、私は音楽学校に行っているのですが、ある町の教会で子どものためのバッハのお誕生日のコンサートがあるという張り紙を見たのです。

もともとバッハも好きだし、面白そうだと思ったので、当日、ニコとハナルナを連れて、教会に入ってみました。
そこは派手ではなく、むしろ質素なプロテスタントの教会でした。
教会に入った時、思っていたよりコンサートに来た人も少なかったし、来ていたお客さんも、教会関係の方達だったみたいだったので「私達って場違い?」と思ってしまいました。

でも、その後、周りからちょと浮いた感じ方が私達の横にたまたま座りました。ホームレス風のおじさんで、ボロボロのスーパーの袋を持って、頭はもじゃもじゃで、ズボンはまだまだ肌寒いのに短パンでした。子どものコンサートなのに、おじさんひとりでした。

でも、その後、みんなでバッハをお祝いするためにドイツのお誕生日の歌を歌ったのですが、そのおじさんは、目がキラキラして、すごく大きな声でしかも上手でした。カノンで歌っても、ハモる部分が音程が良く取れていて、人って見た目じゃないんだぁって素直に驚きました(笑)。

私もおじさんもなんだか周りと浮いているけれど、誰でも受け入れてくれる教会の雰囲気が嬉しかったです。

そして、その後、私達はみんなでお誕生日の歌を歌いながら、オルガン奏者が特別に2回のパイプオルガンの場所まで連れて行ってくれました。


我が家の子どもたちははじめて見る場所です。

階段をのぼったらパイプオルガンとチェンバロがありました。




バッハの有名な、トッカータやメヌエット、プレリュードを目の前で弾いてくれました。
それだけではなく、パイプオルガンやチェンバロの楽器の説明や、バッハについて子どもたちに分かるように説明までしてくれました。
子どもたちも興味津々で、手を上げて質問や発言を沢山していました。

私も間近でパイプオルガンを聞けることってあまり経験がなかったです。足元にも鍵盤があって、足ばかり使う演奏もしてくれました。低音も効いて、迫力満点。すごくオルガンって、格好いい〜って思いました。


300年も前の音楽なのに、バロック音楽、特にバッハの曲には、とても心が惹かれます。心が惹かれるという軽い言葉ではあらわさせないくらい……。




最後にパイプオルガンを子どもたちはみんな順番に弾くことが出来ました。次回はパイプオルガンの裏側に行ってみるという子どものための企画があるみたいで、また参加してみたいと思います。

コンサートの後は、アイス屋さんに行きました。かわいいピノキオアイス。

今日は、本当は学校でピアノを弾く日だったのですが、学校に向かっている途中で先生から電話があって、クラス劇の関係でオイリュトミーの授業がなくなったので、来なくていいよと電話がありました。

もうバスに乗ってしまった後でした。もっと早く言ってくれればいいのに……と思ったのですが、仕事がなくなったのでラッキーな事にしました。

お散歩しながら、道を引き返して、パン屋さんで美味しいパンとケーキを買いました。
それから家には風邪を引いて、学校を休んでいるアマデウスがいたので
「もう、帰って来ちゃったよ」ってお茶タイムして、「このケーキ、美味しいよね」って言いながら、2人で食べました。
それだけで、お互いに楽しい気持ちになれました。それに、アマデウスがはじめて私の弾くピアノ曲を褒めてくれたんです(笑)。ショパンのワルツを……。アマデウスも学校を休んで気分も良いに違いない。今日はすごくいい子です。

大抵のことは、ポジティブにもネガティブにも受け取れるから、なるべく自分が気持ちの良い方向にやっていこう。。。


昨日、雨ばっかり降っていたけれど、少しだけ太陽が出たんです。植物園に行ってみました。


クロッカスがこんな厳しい天候でも、まだ見られました。マグノリアの蕾も見れました。すごく好きな花。


水仙も咲いている。これからもっと咲きそうです。


クッキーもいっぱい走れて嬉しい!



「カモが結婚式をしているよ」とニコが教えてくれました。結婚式かはわからないけれども夫婦のようです。カモの世界ではオシャレな方が男だよ。。。



もうすぐ本格的な春が来る予感……。



昨日、「ヨハナおばあちゃん」が90才のお誕生日でした。ハッピーバースデー!

あっ、おばあちゃんと言っても私にとってはお義母さんです。

夫が私よりも年がひと回り上で、末っ子なのです。お義母さんの年齢もぐっとあがって、思わず「おばあちゃん!」って言ってしまいます。
そして、ヨハナおばあちゃん自身も、9人か10人姉弟の末っ子だそうです。しかも双子で生まれて来たそう。。。。

今では、右に写っているレニーおばさん(96才)の2人だけになってしまいました。

ヨハナおばあちゃん、いつも優しくて、性格も可愛いおばあちゃんです。誰でも会ったら、好きになっちゃうようなおばあちゃん。みんなに愛されています。
私もはじめて会った時から、私の下手なドイツ語を手を取りながら一生懸命、聞いてくれて、優しかったです。今でも、嫌なことを一度も言われたことがないです。そして、私達が老人ホームに会いに行くといつもすごく喜んでくれます。



末っ子のヨハナおばあちゃんは、末っ子(これまた10人兄弟)のヒューゴおじいちゃんと結婚して、3人の子どもを生みました。そして、今では孫とひ孫だけでこんなにいっぱい!昨日は午後にみんなで集まって、お誕生日会をしました。




これからもずっとずっと、元気でいてください!


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR