火曜日からアマデウスは10日間ほど学校のクラス全員で「森の実習」に泊まり込みで行きます。
今日はさっきまで、その荷造りをしていました。自分で率先してやってくれればいいのに、なかなか難しいみたいです。
まだまだ寒いし、森仕事で汚れそうなので洋服をいっぱい入れました。目立つのが嫌だっていうので、気がつくと服はグレーと黒ばっかり。そうそう、男性用の洗面道具のポーチも買ったので色々と詰めました。アマデウスは、顔とか歯をちゃんと磨くのかな。気が付いたらスーツケースはもういっぱいです。
クラスメイトと先生とのはじめての長期旅行、どうなるのか、こっちもドキドキです。

この間の春旅行のでも、コテージの裏が森でした。鹿がいるような田舎の風景でした。ハイキングコースになっていたので、滞在中、沢山、お散歩をしました。


可愛い看板からはじまるコースです。


春のはじまりは、全てがみずみずしい色をして気持ち良かったです。でも、不思議なものもいっぱいありました。

たとえばこの石。不自然に大きいし、パカンと割れています。北欧から氷山が溶けた時にゴロゴロと流れてドイツにまで来た石らしいです。


ハイキングをする人のために、所々に看板が
あって、このあたりの伝説が面白く書かれていました。
謎めいた石のことや、その石を研究した人達のこと、昔のお墓であった所とか、お金の無いジプシーがひっそりと住んでいた場所(これは事実!)‥‥‥。


1番、怖かったのがこの看板。人を食べるオオカミ男みたいなのが昔、ここにいたそうなのです。こわーーい‥‥‥。


家に帰って、撮った写真を見ても、伝説的でした。何枚かに雨も降ってなかったのに、虹がかかっていました。


しかも、拡大すると、伝説の岩の割れ目に「あっかんべーお化け」がいるように見えるんですけど‥‥‥。


こんなお化けが‥‥‥。

ハナルナに見せたら「わはっはっ。岩にお化けがいたとしても虹が封印してくれているから大丈夫よ」と言ってくれました。

ん〜、やっぱりあそこは伝説の森です。

ただいま!春の小さな旅行から帰って来ました。
どこに行っていたかというと私たちが住んでいるところから2時間ほど東に進んだ自然がいっぱいのエクスタータル(Extertal)地方という所‥‥‥

ドイツの真ん中より少し上に、グリム童話で有名なハーメルンという町があります。そこから、そんな遠くない所です。


本当に田舎で緑がいっぱいで、歩いても歩いても森と畑が広がっていました。しかも、泊まった場所はインターネットが繋がりませんでした。

そして、今回は、近場ながらも行く前から、少しドキドキの旅行でした。

我が家の愛犬、クッキー(名前はヌコからクッキーに変わりました)とはじめて一緒の旅行だったんです。

まだトイレが外で完璧にできず、旅行前にベットの上でおしっこする騒動もあって、それが心配で、「犬のおむつを買っちゃおうかな」なんて思ったけれど、楽天家の夫が「沢山、お散歩すれば大丈夫、大丈夫!犬も泊まれる宿だから問題ないって」というので、犬のトイレシーツだけを持って、出発しました。


車から見えたのは、沢山の菜の花畑と、この不思議な木たち‥‥。

ああ、ヤドリギの木です。シュタイナーの病院では、癌治療にもこの植物を使います。
木の中に、沢山のボールが飾られているように見えました。可愛いな。


泊まった所は山の上のコテージでした。
裏がもう森の中で、見ると色んな鳥が飛んでいました。


嬉しいことに、玄関のチャイムには犬と一緒に「ようこそ」って書かれていて、この家の持ち主が犬好きだってわかりました。


まだまだ外は寒かったのですが、暖炉があってみんな大喜び。クッキーも喜んでいました。


テラスで、ぽかぽかの光にあたってくつろぐクッキー。


山の上のコテージ、気に入ってくれたみたいです。



時間がある時に、また旅行の事も思いつくままに書いていきますね。今は大量の洗濯と片付けに追われています。




まるごとチキンを野菜と一緒にオーブンに入れたり、ラザニアを焼いたり、ゆで卵を使ったサラダを作ったり、自分で思っているより、料理って楽しい〜とここ何日か楽しんでいたのだけれど、せっかく作っても、我が家の子どもたちが「食」にこだわりがありすぎて難しいです。

アマデウスが発達障害があって、食べ物の好き嫌いが多くて、不思議なこだわりがあるのはわかるけれど、娘のハナルナにもこだわりがあります。お肉はなるべく食べたくないそうです。去年の夏からほぼベジタリアンになりました。

まるごとチキンなんて、嬉しくなくて見るのも嫌とのこと。一口も食べてくれませんでした。
聞く所によると、小学校1年生の時には、すでに「そろそろ、ベジタリアンになろう。地球に何か良いことしよう」って思っていたんだそう。そんな早くから、ベジタリアンになるとか計画していたって聞いてびっくりしました。

なんだか新しい時代の子どもたちだなって
自分の子どもを見て感じます。もしくは、君たち宇宙人?!と思うことがよくあります。

パパとサイクリングに行った時に面白い噴水があったそうです。


本当だ。なんか大きなシャワーのように見える!


噴水の前のカフェ。んんっ?UFOの中にいるみたい。



突然ですが、小さな旅行に行って来ます。
読む本は「アミ 小さな宇宙人」にしました。ちなみに宇宙人のアミもベジタリアンです。


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR