私が最近、ピアノ伴奏をすることになった障がいを持った子どもたちのシュタイナー学校でも、秋のバザーがありました。

そもそも毎年、私はこの学校のバザーに通っていたので、もとからオイリュトミーの先生とお話していたり、学校の雰囲気もわかっていました。だから、最初からお互いに、知り合いのような気持ちだったので、スムーズに仕事もその場で決まったような気がします。はじめて仕事の件で学校に行って先生に会った時、「ああ、私達って前に会ってお話した事ありますよね」だったんです。出会いっていつも不思議です。。。。


毎年、何でバザーに来ていたかというと、学校の庭の植物で作ったジャムや学校で養蜂しているので、そのハチミツやハーブティーを買いたかったからです。
笑っちゃうほど本当の野生の味がするんです。なんのハーブか、ちゃんと書いていないし、毎年、味が違うのがまたおもしろいです。学校のお楽しみオリジナルハーブティー! 

ジャムも4瓶も買いました。タンポポとオレンジのジャムや、今までたべたことのないベリー(ヨスタベリーって言います)のジャムなど……。

あと、自家製の搾りたてリンゴジュースが美味しすぎます。


お友達もわざわざ来てくれました。
学校に大きな機織り機があって、授業もあるそうです。私も参加したいくらいです。


こんな素敵な布になります。



色んな布やカーペットも出来ます。


僕、これ知っているよ〜だって。毛糸も作っています。お友達は、買っていました。何が出来上がるか楽しみ……。


染色もするそうです。自然に染めた毛糸で編んだ作品がチラリと置いてあります。
とても、優しい色です。

左上は、布に蜜蝋とホホバオイルを染み込ませた自然のサランラップ。オーストラリアに住むある夫妻から始まったこのサランラップ、ドイツにも広まって今、学校でも作っているそうです。


松ぼっくりのリースも可愛い!

ドングリの帽子にフェルトを入れて、カラフルドングリの出来上がり!リースに飾っても素敵です。


木工の授業もあるそうです。生徒達の作品が売られています。


クルミの舟にキャンドルを乗せて、ストローに息を吹きかけて動かします。


蜜蝋のロウソクも作りました。

人形劇があったり、木のネックレス作ったり、石に色を塗ったり、子どもたちが1番、楽しんでいました。石に色を塗っては、これは海の色だよ、火の色だよっていちいち報告してくれます。
子どもたちの想像力と感性が素晴らしいです

子どもたちとこれからも楽しいこと、いっぱいしたいなぁって思いました。

秋休みが終わった11月は、学校の行事が次々とクリスマスまで続きます。
11月というと、晩秋の雰囲気と一日の多くの時間が実際に、日が当たらず暗いので、ちょっぴり鬱になりそうな季節ですが、行事が多い事でいつの間にか、そういう事を忘れてしまうので、何だかうまいこと出来ているなぁと思ってしまいます。


先ずは、聖マルティンのお祭りです。
聖マルティンは、もとはローマの騎士でした。ある雪の降る日に、着るものがない寒そうな物乞いに自分のマントを半分に、切って
肩にかけました。その夜に、マルティンの夢に洗礼も受けていなかったのに、キリストが現われ、あの物乞いは自分だったことを伝えます。その後、マルティンはキリスト教の洗礼を受け、人々に善行を続けました。


ニコの幼稚園でも、夕方にみんなで集まって
真っ暗になったら、ランタンにロウソクを灯して(もしくは電灯)、聖マルティンの歌を歌いながら、ランタンを持って暗闇を歩きます。

実は、聖マルティンを讃える行事ですが、自分自身の心をふと振り返る行事です。
暗闇の中でも、光をみんなで分け与えて、灯していく……。寒い時期に、子どもたちと一緒に歌って、歩いてあたたかい気持ちになります。


幼稚園では、温かいジュースと人形パンがもらえます。お人形というより、宇宙人のようですが……。
町のパン屋さんでも、この時期はお人形パンが沢山、並んでいます。

アレキサンドラと別れてから、ミュンヘンの町で有名な博物館に寄りました。

「ドイツ博物館」という所です。子どもたちがいるなら、美術館よりこの博物館が楽しいとアレキサンドラが言っていたので………。「なんの博物館なの?」って聞いたら「もう色々とあって説明できない」とのこと。


入り口を入ると、船や飛行機が沢山、展示されていました。飛行機と船のコーナーでした。

実は、期待しないで博物館に入ったのだけれど、いつの間にか、子どもたちより自分が楽しんでいて、見入っている内に何度も迷子になりかけたぐらいです。

ように科学技術や産業の博物館なんだけれど、同時にそれを、発明した人間の歴史も見れる博物館でした。


飛行機だって、今は気楽に乗れるけれど、最初は人類の夢と命をかけた実験が繰り返されていました。
最初は「空を飛んでみたい!」という人間の夢から、鳥の羽をよく観察して、作られたこんな物から始まったのです。

これはオットー・リリエンタールの作った人類はじめてのハンググライダー。1896年ぐらいです。

それがこうなって……


アメリカのライト兄弟の作ったはじめて動力を使った飛行機のモデルも見れます。
飛行機って発明されてから、まだ110年ぐらいという事に驚きます。
「星の王子さま」の著者サン=テグジュペリの「人間の土地」や「夜間飛行」を書いた時代の飛行機も展示されていて、本を思い出し、興味津々です。


そして、気球の展示も面白かったです。はじめて人間が気球を飛ばした時もドキドキだったんだろうな。
フランスのモンゴルフィエ兄弟が実際に飛ばした熱気球。1786年のフランスのパリにて。さすがフランス、絵が描かれたおしゃれな気球です。このモデルはスイッチがあって、押すと気球が上にあがります。


大航海時代から、船で使われていた羅針盤です。
私ははじめて、じっくり見て感激しました。
船で目的地に着くのが、とても大変な時代があったこと、想像してみました。そういえば、あのイタリアのジェノヴァの町はコロンブスが生まれた町でした。


海の上でこれを使い、星から方位を探っていた時代もありました。なんかロマンを感じてわくわくします。

昔の船もあったけれど、地下にはドイツのUボートも展示されています。これはここの博物館の見どころのひとつです。

その他、天体について、物理、数学なども展示されている階もありました。あまりに広すぎて全ての、館内を見ることができませんでした。


隣の部屋で高圧の電気実験を見ることもできました。


高圧をかけて、人工的にカミナリや稲妻みたいな物を作って見せてくれました。

「バリバリ、バーン!!」って余りにも、大きい音が出て、みんな耳をふさぎ、子どもたちは泣いたりしていました。

衝撃的な実験!! ドイツ博物館のHPからその実験が映像で見れるので、時間があったらぜひ、覗いてください。
(ここをクリック!)

旅行から帰って、何日か後に夢の中で大きな羅針盤のようなものを見ました。
大きな円盤型の中に、不思議なんだけれど陰陽太極図のようなものが描かれていました。
そして、その上に太陽のシンボルが飾られていて、光を放ってキラキラと輝いていました。
この旅行での、イタリアの太陽や家族やアレキサンドラとの楽しい思い出が夢の中で、輝く羅針盤となって見えたのかなと思いました。


秋休みの旅行話は、これでおしまいです。
ずっと読んでくれてどうもありがとう!


Search

Profile

Archive

Link

Other

PR